Home > Archives > 2015-03-13

2015-03-13

名古屋ウィメンズマラソン

H26-3-9 100

【名古屋ウィメンズマラソン】今年の世界陸上の日本代表選考レースを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンも終わりました。今大会も私が直接コーチする女性市民ランナーたちが多数参加し、それぞれの目標タイムに向かって最後まで力走しました。

結果的には、目標を達成した方、そうでなかった方といましたが、最後までレースを投げ出すことなく、全員が完走できたことは何よりでした。

そして、今更ながらマラソンは膨大な時間と手間をかけて目標の大会に調整していきます。しかし、マラソンほど当日の天候やコース状況に大きく左右される競技はなく、まさに運を天に任せる部分が大きいと感じます。つまり、ある意味「努力が報われない?」部分もあります。

世界選手権の日本代表選手の発表が先日ありました。特に女子の代表選手については様々な意見やコメントが出ております。私は偉そうに意見できる立場ではありませんが、日本代表を決める選考レースが複数存在する以上、この問題は永遠に解決されることはないと思います。選考レースをひとつに絞り、なおかつ選考規定に則ったレース展開をペースメーカーがペースメークした上での勝負しか誰もが納得することは難しいと思います。

さて、今大会に出場した私が直接コーチする女性市民ランナーたちの中にも、結果に対する受け止め方は様々です。本気の度合いが大きい方ほど、結果を素直に受け入れることに時間を要するようにも感じます。しかし、言えるのは、良くも悪くも今回の結果を受け入れた方だけが、次のマラソンに向けて一歩踏み出せることです。

特に、結果の良かった方は、「何でうまく走れたのか?」をしっかりと自己分析し、まずは次のマラソンでも同じ流れと結果を再現できるようにと願っておりいます…。

Home > Archives > 2015-03-13

Search
Feeds

ページの先頭へ