Home > Archives > 2015-11-05

2015-11-05

秋の走り込み・8

H27-9-27 026

【秋の走り込み・8】11月に入ると、朝晩の冷え込みも厳しくなってきます。一方で、10月の走り込みで疲労がたまっている状態から風邪をひきやすくなる季節でもあります。既に何度も話していますが、風邪は調整を失敗した原因の中でも特に多い理由のひとつです。十分に注意です!

さて、11月下旬から12月にかけてのマラソンを目標にしている市民ランナーの皆様にとっては、いよいよ最終調整の段階に入ってきます。調整の目的は身体の疲労を抜いて調子を引き上げていくことです。

つまり、走行距離を落としながら疲労を抜き、走行距離を短くしながら目標のマラソン設定タイムに近づけていくのが調整です。ところが、目標のマラソンに向け、1ヵ月程度を切ってくると、なぜか焦りを感じて気が付かないうちに多くの失敗をしています。

■失敗例1).急にスタミナの不安を感じて30k以上の距離走を詰め込む。■失敗例2).調整のつもりで出場したハーフマラソン等で力を出し過ぎる。■失敗例3).これまで経験したことのない針治療やマッサージ、サプリメント等を急に試しだす。

皆さんはいかがでしょうか?

これらの失敗を防止し、最後の調整をしっかりとできる市民ランナーは意外と少ないのも事実です。しかし、目標のマラソンに向けて何ヵ月も走り込んできたにも関わらず、直前のたった数週間の調整で全てが無駄になってしまうのは悔やみきれません。

次回からは、これらの失敗例をふまえて最終調整について考えていきます。

Home > Archives > 2015-11-05

Search
Feeds

ページの先頭へ