Home > トレーニング計画 | マラソントレーニング > 期分け・5

期分け・5

h23-5-10-1h23-5-10-2h23-5-10-3

秋から冬のマラソンを目指していくランナーにとって4月から7月の時期は、自身のスピードを高めるトレーニングが効果的です。即ち、「スピード養成期」として短い距離のレースやスピードトレーニングを行い、マラソントレーニングでは難しい速い動きや刺激を積極的に取り入れていきます。

このように当初空白だった4月から7月のトレーニングが大まかに決まったことで、1年間の期分けも次のような流れとなります。※ここでは秋と冬のマラソンを軸に期分けしたパターンです。

◆年間計画(期分け):①スピード養成期:4月~7月→②第1次走り込み期:8月~10月→③調整期:11月上旬→④第1次マラソン期:11月中旬~12月上旬→⑤休養&回復期:12月中旬~12月下旬→⑥第2次走り込み期:12月下旬~2月上旬→⑦調整期:2月中旬→⑧第2次マラソン期:2月下旬~3月中旬→⑨休養&回復期:3月中旬~3月下旬。

少し込み入っていますが、このように1年間を期分けすることができます。もちろん、それぞれの期については更に細分化し都度微調整が必要になりますが、このように自分自身の目標に対し予め期分けをしておくことで1年間をより効率的な流れにすることが可能となります。

しかし、最初から細かいトレーニング内容や出場するレースばかりに目がいくと、全体的な流れに無理が生じてきます。同時に、あれもこれもと目標を欲張りすぎても計画倒れになってしまいます。

今更ながら腹八分目の計画を心掛けることが重要です。そして何より、1年間を終えたとき、ひとつでも自己記録を更新する種目があったならその1年間は成功です。また、逆に故障や怪我に悩まされた1年間だったとしても経験として次に活かすことで少しずつスパイラルアップしていくことができます。

何度も記載していますが、トレーニング計画や期分け、方法論に絶対はありません。大切なことは実行に移し経験を積み重ねていくことです。

次回からは、それぞれの期について考えていきます。まずは「スピード養成期」からです。

つづく。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog-yasuda.main.jp/wp-trackback.php?p=2280
Listed below are links to weblogs that reference
期分け・5 from 安田享平のランニングライフ

Home > トレーニング計画 | マラソントレーニング > 期分け・5

Search
Feeds

ページの先頭へ