Home > トレーニング計画 | パラリンピック > 再び走り込み・8

再び走り込み・8

【再び走り込み・8】11月23日から千葉県富津市富津公園において実施した強化合宿は、12月15日に開催される防府マラソン(IPCの部)に出場する選手たちの調整がメインでしたが、どの選手も精力的に走り込むことができました。

さて、毎度のことですが、強化合宿の日程は休日だけでなく平日も含むため、ガイドランナーの協力を得ることが最大の課題となります。案の定、今合宿もガイドランナーの皆様にはかなり無理をお願いしましたが、視覚障がい選手に対する人数はギリギリでした。

そんな中、同じ富津公園内で強化合宿を実施していた東洋大学箱根駅伝候補選手の皆様にご協力をいただくことができました。もちろん、酒井監督のご理解があってのことですが、かなり無理なお願いをご快諾いただき、無事に強化合宿を終えることができました。

実は、我々の強化合宿中のガイドランナーについては、どの合宿も箱根駅伝を目標にしている関東の各大学にご協力をお願いしております。それぞれの大学はそれぞれの強化計画に則り、厳しいトレーニングを積み重ねている中、ガイドランナーの派遣協力をいただいております。

あらためて、ご協力いただいております大学関係の皆様に厚く御礼申し上げます。

今回の強化合宿は、最終日に「5k×2本」のトレーニングを計画しており、このトレーニングを伴走できるガイドランナーが厳しい状況でした。そんな中、東洋大学から3名の選手が駆けつけてくれました。

もちろん、3選手ともガイド経験はありません。また、簡単なガイド方法をその場で説明しただけでしたが、見事にガイドランナーの大役を果たしてくれました。5kの1本目は様子を見ながら「16分45秒」。コツをつかんだ2本目は、視覚障がい選手の要望どおりに後半ビルドアップして「16分9秒」。

既に、パラリンピックをはじめとする国際大会のガイドランナーとしても十分に通用するガイド技術とそのタイムにただ感心するばかりでした。視覚障がい選手の可能性を引き出せるか否かは「ガイドランナーの走力」が最も重要な点なのは今も昔も変わりませんが、まさにその通りの内容でした。

今後も皆様のご理解ご協力を得ながら視覚障がい選手の強化と育成を継続していきます。引き続き、絶大なるご支援をお願い申し上げます。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog-yasuda.main.jp/wp-trackback.php?p=6161
Listed below are links to weblogs that reference
再び走り込み・8 from 安田享平のランニングライフ

Home > トレーニング計画 | パラリンピック > 再び走り込み・8

Search
Feeds

ページの先頭へ