ホーム > タグ > ACKITA

ACKITA

冬を走る・8

【冬を走る・8】今年最初の富津合同マラソン練習会は、タイムトライアルを実施しました。その距離は最長でハーフマラソン。前月同様、可能な限りいくつかのグループを形成してのスタートでした。

今回は年末年始をはさんだこともあり、思うように走れなかったランナーもいました。しかし、自己記録を大きく更新している姿も多く見ることができました。また、思うように走れず、激しく落ち込むランナーもいましたが、練習の一環としているので、目先の記録に一喜一憂する必要は全くありません。毎度のことですが、この後も地道に走り込んでいきましょう。

さて、昨年同様、今年も各種大会の延期や中止がしばらく続きそうです。多くのランナーにとって、少ないチャンス(大会)すらめぐってこない異常事態ですが、何とかモチベーションを維持してほしいと願っております。

一方、その少ないチャンス(大会)に調子のピークを合わせることができたランナーにとっても、次の的を見つけにくい状況が続くことになります。特に、昨年の11月以降のマラソンに出場できたランナーの多くは、この年末年始を休養(リフレッシュ)と位置付け、いつも以上に羽をのばしていたのでは?

私の経験上の話しになりますが、最も怪我や故障のリスクが高まるゾーンに入っている可能性があります。いつもなら何本もレースを走りながら本命のマラソンを目標にしていく流れです。しかし、最初から弓をいっぱいに引き、的の中心を狙っていく取り組みは、効率的に見えますが、心身ともに相当なダメージとストレスが残ります。

ところが、年末年始という特別なフィルターを通過することで、そのダメージが抜けたと勘違いするケースは多いのです。結果、トレーニングの再開と同時に脚の違和感を感じたり、身に付いているペース感覚に微妙な狂いが生じていたりします。どうか慎重にトレーニングを再開してほしいと思います。

同様に、これから少ないチャンス(大会)を活かそうとしているランナーも注意が必要です。数少ないチャンス(大会)は、参加人数も想像以上に絞っている可能性が高くなります。つまり、数百名程度の参加人数では、スタートからゴールまでの「42.195k」が、単独走になってしまう確率も一気に高まります。相当な覚悟を持ってスタートラインに並ぶ必要があると言えます。

「途中でやめるなら最初から走らなければ良かった……」

少ないチャンス(大会)は、そのようになる可能性が高くなることも肝に銘じておくことが必要です。場合によっては少ないチャンス(大会)と言いながら、無理にスタートしないことも正しい選択になるのかもしれません。

冬を走る・7

【冬を走る・7】今年も駅伝ではじまりました。元旦のニューイヤー駅伝、2日と3日の箱根駅伝ともに見ごたえのあるレースでした。もちろん、毎年違ったドラマが展開されますが、今年も最後の最後までどの選手も力を絞り出し、仲間にタスキをつなぐその姿に大きな勇気をもらいました。

これも毎年のことですが、優勝チームはひとつ、各区間の区間賞はひとり。栄光をつかめるチームや選手は氷山の一角です。それ以外のチームや選手の多くは「こんなはずではなかった」と、悔やむことの方が多いのかもしれません。

しかし、出場した全チーム、出走した全選手たちが持てる力を出し切り、力をぶつけ合った結果、多くの人たちに大きな感動と勇気をもたらしたのです。そして、それらの反響は大きなうねりとなり、再び出場したチームや選手たちの新たな原動力となるに違いありません。

さて、今年は延期になった東京パラリンピックが開催されます。いろいろと厳しい状況が続いています。同時に、開催に対する厳しいご意見なども多数見受けられます。しかし、強化現場としては、今年もメダル獲得を目標にブレることなく、地道に強化活動を継続していきます。

あらためて、本年もよろしくお願い申し上げます。

冬を走る・6

【冬を走る・6】今年も最後は千葉県富津市において年末合宿を実施しております。特に今年はたいへんな1年でしたが、様々な方のご理解とご支援のおかげで、ほぼ予定どおりの強化活動を継続することができました。心より感謝申し上げます。

また、毎年のことですが、箱根駅伝に出場する各大学が最後の最後までここ富津で調整合宿を実施しておりました。今年は最後まで残っていたのは東海大学様でした。もちろん、どの大学のどの選手も好調そうに見えました。

箱根駅伝スタートまであと数日ですが、出場する全ての大学と選手たちが最高の状態でタスキをつないでほしいと願っております……。

さて、今年は各種大会が延期や中止に追い込まれる異常事態が続きました。そして何よりも東京パラリンピックそのものが1年延期となりました。どの選手も大きな的を外された状態となりました。同時に小さな的も次々と外される状態にも陥りました。

しかし、どの選手も自暴自棄に陥ることもなく、今できることを愚直に継続してくれました。その結果、逆にかつてないほどの好記録ラッシュとなった1年でした。どの選手もたいへんな苦労をしましたが、大きな成果と自信を得ることができました。

新年も予断を許さない状況はしばらく続きそうですが、今年の厳しい状況を乗り切った経験をかてに、更なる躍進を信じております。

最後になりましたが、あらためて今年1年間、ご支援いただいた皆様に感謝申し上げるとともに、新年もよろしくお願い申し上げます。

冬を走る・5

【冬を走る・5】第51回防府読売マラソン大会は無事に開催されました。まずは、大会開催にご尽力いただいた関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。また、出走された選手の皆様、感動をありがとうございました。

今大会の男子優勝は丸山選手が「2時間9分36秒」、女子優勝は赤坂選手が「2時間29分21秒」と、男女ともに好記録でした。そして、視覚障がい男子は堀越選手が「2時間22分28秒」のアジア新記録、女子は道下選手が「2時間54分13秒」の世界新記録で、それぞれ優勝しました。

特に、丸山選手は最後の2.195kを「6分14秒」で駆け抜けましたが、この記録は私の記憶に間違いがなければ、日本人歴代最速ラップだったのではないでしょうか。とにかくすごいスパートでした。そして、2位に入賞した川内選手も好調時とそん色ない見事な走りでした。

また、同大会はIPC公認大会として、日本視覚障がいマラソン選手権大会も兼ねていただいており、上記したように目標どおりの結果を残すことができました。大会関係者の皆様には重ねて御礼申し上げます。

さて、来年に延期となった東京パラリンピックの視覚障がいマラソンは、9月5日スタート予定ですが、その間にIPC公認マラソン大会が開催されるのは今大会が最後になる可能性もあります。この点については、選手たちとも危機感を共有し、今大会を目標に走り込んできました。

「狙った大会に調子のピークを合わせる!」

至極当然のことですが、どんな選手もそれを最大の目的に調整をしていきます。しかし、何度やってもこれが最も難しく、どんな大会においても納得のいくピーキングができた選手の方が少ないのでは……。

「少ないチャンスをものにする!」

今回、視覚障がい選手は、男子が4選手、女子が6選手の計10選手がスタートし、9選手がゴールしました。そのうち自己記録更新を達成した選手は6選手と、かなりの高確率で自己記録更新を達成することができました。

今年は夏の走り込みを北海道で実施したあと、合宿地を千葉県富津市に戻し、今回の防府読売マラソン大会を目標に走り込んできました。その走り込みから調整の流れをしっかりと振り返り、来年9月にも同じようなピークをつくれるよう、引き続き地道に走り込んでいきます。

冬を走る・4

【冬を走る・4】今週末の日曜日は、防府読売マラソン大会です。ついに大会当日まで1週間を切りました。まさに最終調整です。

既に、何度も話してきたとおり、ここからは余計なことをしないで、疲労回復させることが最大の目的となります。もちろん、「そんなことはわかっている」と言われますが、何度もマラソンを走ってきているベテラン選手でも大会1週間前になると、心が不安定な状態に陥り易くなります。

そして、残念なことに心が不安定に陥ることによって、今まで気にもならなかった小さな情報までを拾えるように開眼し、余計な行動へといざなうのです。そのよくある具体例として、急に最新の治療(マッサージやストレッチなど)を受けに行ったり、どこかの国や選手間ではやっている飲料水やサプリメントを急に取り寄せるなど……。

「皆さんは大丈夫でしょうか?」

また、SNSなどを通じて大会当日まで届き続ける励ましや応援のメッセージに対し、いちいち返信をしたり、熟読しながら一喜一憂したり……。純粋に応援してくれるメッセージなら問題ありませんが、次のようなメッセージが届いたらどう考えるでしょうか。

「今回はダメだと思うけど、最後まで頑張ってね!」

所詮は他人事です。相手を一生懸命元気づけようと送っているにも関わらず、微妙なメッセージを送り付けてくる人は多いものです。また、大会1週間前は練習も極端に落としていくので、時間を持て余し、余計な思考に陥るスキ間もできます。

更に、それらをうまく乗り切ったときに限って急に仕事が舞い込み、木曜日から外せない残業や出張が入ったりするものです。職場の上司や同僚から次のようなことを言われたらどう対応するでしょうか。

「〇〇さん、今度の日曜日を休むなら土曜日まで大丈夫だよね?」

やはり、所詮は他人事です。走ることに興味のない人にとっては、悪気も悪意もありません。また、この大会のために何ヶ月も準備をしてきたことなど誰も知る由もありませんが、直前の外部要因によって調子を崩される可能性は多分にあるのです。そして、そのスキ間に落ち込まないために、どのように考え対応していくかは、あなた次第です!

冬を走る・3

【冬を走る・3】今年も残りひと月となりましたが、この1週間も長距離マラソン競技の大会が全国で開催されました。大阪においては日本選手権大会の長距離種目が実施され、男女の1万メートルで驚異的な日本記録も誕生しました。

また、福岡においては伝統の福岡国際マラソン選手権大会も開催されましたが、若手選手が好記録で優勝するなど、上位に入賞した選手たちも自己新記録ラッシュとなっていました。

このように長距離マラソン競技における記録ラッシュはおさまる気配がありません。と、言うよりもハイレベルな位置で常態化しています。同時に、これまで基準にしてきた記録の目安が否定されつつある状況でもあります。もちろん、私が偉そうに言える立場ではありませんが……。

しかし、マラソンに関しては必ずしもそう言い切れないかもしれません。具体的には、福岡国際マラソン選手権大会のリザルトを拝見すると、一定の上位選手以外は自己記録に届かない選手の方が多かったと感じたからです。

今回の同大会は参加基準記録が過去最高となり、先頭集団から最後尾までまさにサバイバルレースとなりました。そのため、中盤までは走力に応じた適切な集団がいくつも形成されていました。しかし、30k以降はそれらの集団がほぼ崩壊し、厳しい状況に陥ってゴールしている選手たちが……。

さて、日本選手権大会の長距離種目も含め、いわゆるシューズ革命による記録向上は相当なものです。しかし、同じ選手がコンスタントに好記録や好成績を残し続けているかの判断については、少し違っているような気がします。

それは、シューズ革命などにより一気に速く走れるようになった分、フォームなどの変化がそのまま体への負担やダメージにも影響しているからでしょうか。それも本人には全く自覚がなく、そのシューズに慣れたころに突然襲ってくるような感じで。

今後もシューズ革命がもたらす記録ラッシュは継続し、それが常態化していく流れは間違いないでしょう。一方で、過去の経験や事例などに合致しないようなケガや故障。また、原因不明の不調などに陥る選手たちも増えてくるかもしれません。

何事も「一気に上がったことは一気に落ちる」と、言われています。あらためてこの点を肝に銘じ、今も昔も「自分自身の身体と常に対話できる選手」が生き残っていくと、強く感じた1週間でした。

GMOの吉田選手はアッパレでした!

冬を走る・2

【冬を走る・2】12月20日に開催される防府読売マラソン大会まで3週間を切りました。出場する選手たちは、いよいよ最終調整に入っていきます。引き続きコロナ対策を継続していくことは当然ですが、風邪やインフルエンザなどにも注意です。

と、言いながら身近に風邪をひく人や、インフルエンザにかかる人は例年に比べて少ないのは間違いありません。いわゆる手洗いや、うがいなどをより徹底している効果とも言われていますが、まさにそんな感じでしょうか。

さて、最終調整のポイントは「質をキープしながら量を落としていく」ことになります。この点はほとんどの人が知っていることですが、実際はうまく実行できていないケースの方が多いと感じます。

もちろん、単純に量を落としていけば疲労は回復していきます。このカラクリもほとんどの人が知っていることです。しかし、量を落としていけば、そこに費やしていた時間も余ることにもなります。具体例として、日曜日に40k走を実施していたのを20k以下の距離に落とすと、至極当然のことながら走行時間も半分程度になります。

同時に質をキープしていくので、同じ距離を走るなら短い時間で終わるようにもなります。また、ポイント練習以外のいわゆる「ジョグ」も短く切り上げるようになっていきます。その結果、毎日苦労して捻出していた練習時間が余るようになります。

実は、ここに見えない「すき間」が生じてきます。時間に追われながら何とか走っていた人も、少し周りを見渡したり、情報収集できる「すき間」ができます。それ自体は悪いことではありませんが、周りと自分自身を比較できる「ゆとり」にもなります。

しかし、周りと自分自身を比較したとき、「私の方が圧倒的に有利だ!」と思える人はほとんどいないと思います。逆に「みんなすごい!」と不安な気持ちになる人が多いのでは。そして、経験したことのないその情報をすぐに取り入れようとする人も……。

その結果がどうなるかは想像できると思いますが、上記したようなパターンに陥る人が多いのは、今も昔も変わりません。逆に情報化社会が進むにしたがって、増えてきているような気がします。

情報を全て遮断することはできませんが、今の時代は「知ることで安心する」よりも「知ることで不安になる」ことの方が多いのかもしれません。特に、最終調整に入るこの時期こそ、そのことを自覚しておくことは無駄ではないと感じます。

冬を走る

【冬を走る】12月20日開催予定の防府読売マラソン大会に向けた最後の強化合宿をいつもの千葉県富津市富津公園において実施しました。また、大会当日から残り1ヶ月を切ると、選手ごとの調子もはっきりしてくる時期に入っていきます。

よく選手に「調子はどうだ?」と聞きますが、調子の良し悪しを判断するとき、どのように考えるでしょうか。単純に「絶好調!」と答える選手、「あまり良くない」とか「まずまず」などと答える選手。

判断基準や答え方はそれぞれですが、ひとつの考え方として「白黒」をつけた判断をすることは大切です。つまり、現状を直視し、自分自身の調子などをオブラードで包まないことです。もちろん、誰に言うのでなく、自分自身の中での本音になります。

目標のマラソンに向け、現時点での具体的な判断基準例のひとつとして、「達成できる・ほぼ達成できる(調整次第で達成)・かなり難しい(調整次第で現状維持)・難しい」の4つで判断する方法があります。そして、このときの判断基準に「普通」とか「まずまず」と言った表現を使わないことがポイントです。

特に、「普通」という言葉は相手をはぐらかす言葉としては、逆に便利な表現です。例として注目されている選手が、マスコミなどの取材に対する受け答えとして常に「普通です!」と答える心構えは大切と考えます。

「調子はどうですか?」「普通です!」。「明日の目標は?」「普通です!」。「具体的には?」「普通です!」……。私の経験になりますが、余計な受け答えをすることによって墓穴を掘り、その影響で本当に走れなくなってしまう選手は、実に多いのです。

さて、話しを戻すと、「かなり難しい・難しい」と自己判断できる場合、目標を下方修正することを推奨します。例として、目標を「サブスリー」としていたが、「かなり難しい・難しい」と判断できる場合、目標を「3時間5分」などに下方修正するのです。

それによって逆に、「達成できる・ほぼ達成できる」に調子を引き上げることにもなります。一見するとマイナス思考のようにも感じますが、下方修正することでその次のマラソンにもつながります。もちろん、この後の最終調整での無理な負担もなくなります。

何事も現実を直視することは勇気のいることですが、最終調整に入る前の時期だからこそ現実逃避をしないことです。かくいう私は、選手時代にそれができませんでした(涙)。

秋を走る・10

【秋を走る・10】毎年のことですが、11月に入ってくると、12月の全国高校駅伝や正月のニューイヤー駅伝、箱根駅伝を意識した記録会が佳境に入ってきます。特に、今月末まではいわゆる「厚底シューズ」でのトラック出走が事実上認められていることもあり、各記録会のリザルトを拝見すると驚異的な記録ラッシュです。まさに「駆け込み乗車」と言ったら言い過ぎでしょうか。

しかし、それぞれのリザルトをよく拝見すると、厚底シューズを使用していない選手でもしっかりと好記録をマークしています。厚底シューズが好記録ラッシュのきっかけになったのは間違いありませんが、記録に対する「心の壁」を取り除くことにも大きく貢献しているのでしょう。

また、高校生や大学生の記録ラッシュばかりに目がいきますが、30代の実業団選手や40才以上のいわゆるマスターズ選手たちの頑張りも驚異的です。こうなってくると、厚底シューズが合う合わないではなく、そのシューズを乗りこなすテクニックを身につけ、その上でそれ以外のシューズを履き分けていくことになるのでしょうか。

さて、10月の富津合同マラソン練習会で実施した「タイムトライアル」を今月も実施しました。このタイムトライアルはトレーニングの中においては最も過酷な方に位置します。そのため、スタート前から自らの可能性を自らの心がブロックしてしまう人がいます。と言うか、必ずいます。

実際のレースと違うので、「行けるところまで行く」と、自らを試すのが目的なのにも関わらず、スタートからゴールまで自重してしまう人は多いのです。今回もそのようになりそうな人たちが相当数いましたが、積極モードに心が向かうよう、何とか仕向けたつもりです。

結果、先月以上に自己記録を更新したり、目標記録をクリアする人を多数輩出できました。特に、今回のタイムトライアルにも参加した50代女性ランナーは、前日に出場したトラック記録会の3000mで、若い高校生たちとデッドヒートの末、「11分11秒」の自己新記録を達成しました。そして、翌日もこのタイムトライアルに挑戦。

この女性は、ハーフマラソンで1時間30分の壁を突破できないと悩んでいました。しかし、トラック記録会のように思い切って4分ペースの集団についていき、一気に「1時間26分台」を達成しました。昔から「速いペースでも『速くない』と思い込んで走れ」と言いますが、間違いなく厚底シューズは、この「心の壁」も見事に崩したと言えるでしょう。

秋を走る・9

【秋を走る・8】暦の上では立冬が過ぎ、季節も冬に入ってきましたが、比較的温暖な千葉県富津市でも朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。そんな中、11月最初の強化合宿も無事に終了。

ブラインド選手たちは、12月20日に山口県で開催される防府読売マラソン大会を目標に走り込んでいるので、概ね今月末までのトレーニングは走り込みになります。今回の合宿も40k走をメインとし、26kビルドアップ走と3kのインターバルを実施しました。

夏の走り込みを終え、9月以降の強化合宿は千葉県富津市富津公園で実施していますが、各合宿で実施している走り込みの内容(トレーニングパターン)は、ほとんど変えずにたんたんと積み重ねています。

さて、マラソンを目標にした走り込みについては何度も取り上げてきましたが、「これが正しい」と言った正解がありません。それぞれのチームや選手ごとに積み上げてきた成功体験などをベースとしたノウハウによって走り込んでいるからです。

特に、秋からの走り込みは、季節的には夏から秋、更に冬へと気温が下がっていく方向に向かっていくコンディションになります。そのため、同じ距離を同じ設定タイムで走り込んでいても、季節が冬に向かっていくにしたがって「ゆとり」を感じるようになります。

この時、気温が下がって走り易いコンディションに向かっていくごとに、距離走などの設定タイムを引き上げていくチームや選手もいます。もちろん、更に質の高い内容にシフトしていくことになるので、走力アップを期待できる可能性も高くなります。

また、どの選手も狙っている目標タイムがあるので、最後はその目標タイムで走れる状態に仕上げる必要があります。つまり、どこかのタイミングで目標タイムを達成するための対応策を組み込むことが必須となります。それは、単に距離走などの設定タイムを引き上げることなのか、スピード練習などを増やしていくことなのかは、「あなた次第」になります。

9月から富津公園で走り込んできたブラインド選手たちは、同じ40k走を同じ設定で繰り返し走り込んできましたが、どの選手もゆとりを持って走れるようになってきました。また、ビルドアップ走については、同じ距離を同じ設定タイムでスタートしても、ラスト1kのタイムは確実に速くなってきました。

「これは楽しみだ」と久々に手応えを感じる立冬でした。

Home > Tags > ACKITA

Search
Feeds

ページの先頭へ