Home > マラソン

マラソン Archive

冬を走る・8

【冬を走る・8】今年最初の富津合同マラソン練習会は、タイムトライアルを実施しました。その距離は最長でハーフマラソン。前月同様、可能な限りいくつかのグループを形成してのスタートでした。

今回は年末年始をはさんだこともあり、思うように走れなかったランナーもいました。しかし、自己記録を大きく更新している姿も多く見ることができました。また、思うように走れず、激しく落ち込むランナーもいましたが、練習の一環としているので、目先の記録に一喜一憂する必要は全くありません。毎度のことですが、この後も地道に走り込んでいきましょう。

さて、昨年同様、今年も各種大会の延期や中止がしばらく続きそうです。多くのランナーにとって、少ないチャンス(大会)すらめぐってこない異常事態ですが、何とかモチベーションを維持してほしいと願っております。

一方、その少ないチャンス(大会)に調子のピークを合わせることができたランナーにとっても、次の的を見つけにくい状況が続くことになります。特に、昨年の11月以降のマラソンに出場できたランナーの多くは、この年末年始を休養(リフレッシュ)と位置付け、いつも以上に羽をのばしていたのでは?

私の経験上の話しになりますが、最も怪我や故障のリスクが高まるゾーンに入っている可能性があります。いつもなら何本もレースを走りながら本命のマラソンを目標にしていく流れです。しかし、最初から弓をいっぱいに引き、的の中心を狙っていく取り組みは、効率的に見えますが、心身ともに相当なダメージとストレスが残ります。

ところが、年末年始という特別なフィルターを通過することで、そのダメージが抜けたと勘違いするケースは多いのです。結果、トレーニングの再開と同時に脚の違和感を感じたり、身に付いているペース感覚に微妙な狂いが生じていたりします。どうか慎重にトレーニングを再開してほしいと思います。

同様に、これから少ないチャンス(大会)を活かそうとしているランナーも注意が必要です。数少ないチャンス(大会)は、参加人数も想像以上に絞っている可能性が高くなります。つまり、数百名程度の参加人数では、スタートからゴールまでの「42.195k」が、単独走になってしまう確率も一気に高まります。相当な覚悟を持ってスタートラインに並ぶ必要があると言えます。

「途中でやめるなら最初から走らなければ良かった……」

少ないチャンス(大会)は、そのようになる可能性が高くなることも肝に銘じておくことが必要です。場合によっては少ないチャンス(大会)と言いながら、無理にスタートしないことも正しい選択になるのかもしれません。

冬を走る・7

【冬を走る・7】今年も駅伝ではじまりました。元旦のニューイヤー駅伝、2日と3日の箱根駅伝ともに見ごたえのあるレースでした。もちろん、毎年違ったドラマが展開されますが、今年も最後の最後までどの選手も力を絞り出し、仲間にタスキをつなぐその姿に大きな勇気をもらいました。

これも毎年のことですが、優勝チームはひとつ、各区間の区間賞はひとり。栄光をつかめるチームや選手は氷山の一角です。それ以外のチームや選手の多くは「こんなはずではなかった」と、悔やむことの方が多いのかもしれません。

しかし、出場した全チーム、出走した全選手たちが持てる力を出し切り、力をぶつけ合った結果、多くの人たちに大きな感動と勇気をもたらしたのです。そして、それらの反響は大きなうねりとなり、再び出場したチームや選手たちの新たな原動力となるに違いありません。

さて、今年は延期になった東京パラリンピックが開催されます。いろいろと厳しい状況が続いています。同時に、開催に対する厳しいご意見なども多数見受けられます。しかし、強化現場としては、今年もメダル獲得を目標にブレることなく、地道に強化活動を継続していきます。

あらためて、本年もよろしくお願い申し上げます。

冬を走る・6

【冬を走る・6】今年も最後は千葉県富津市において年末合宿を実施しております。特に今年はたいへんな1年でしたが、様々な方のご理解とご支援のおかげで、ほぼ予定どおりの強化活動を継続することができました。心より感謝申し上げます。

また、毎年のことですが、箱根駅伝に出場する各大学が最後の最後までここ富津で調整合宿を実施しておりました。今年は最後まで残っていたのは東海大学様でした。もちろん、どの大学のどの選手も好調そうに見えました。

箱根駅伝スタートまであと数日ですが、出場する全ての大学と選手たちが最高の状態でタスキをつないでほしいと願っております……。

さて、今年は各種大会が延期や中止に追い込まれる異常事態が続きました。そして何よりも東京パラリンピックそのものが1年延期となりました。どの選手も大きな的を外された状態となりました。同時に小さな的も次々と外される状態にも陥りました。

しかし、どの選手も自暴自棄に陥ることもなく、今できることを愚直に継続してくれました。その結果、逆にかつてないほどの好記録ラッシュとなった1年でした。どの選手もたいへんな苦労をしましたが、大きな成果と自信を得ることができました。

新年も予断を許さない状況はしばらく続きそうですが、今年の厳しい状況を乗り切った経験をかてに、更なる躍進を信じております。

最後になりましたが、あらためて今年1年間、ご支援いただいた皆様に感謝申し上げるとともに、新年もよろしくお願い申し上げます。

冬を走る

【冬を走る】12月20日開催予定の防府読売マラソン大会に向けた最後の強化合宿をいつもの千葉県富津市富津公園において実施しました。また、大会当日から残り1ヶ月を切ると、選手ごとの調子もはっきりしてくる時期に入っていきます。

よく選手に「調子はどうだ?」と聞きますが、調子の良し悪しを判断するとき、どのように考えるでしょうか。単純に「絶好調!」と答える選手、「あまり良くない」とか「まずまず」などと答える選手。

判断基準や答え方はそれぞれですが、ひとつの考え方として「白黒」をつけた判断をすることは大切です。つまり、現状を直視し、自分自身の調子などをオブラードで包まないことです。もちろん、誰に言うのでなく、自分自身の中での本音になります。

目標のマラソンに向け、現時点での具体的な判断基準例のひとつとして、「達成できる・ほぼ達成できる(調整次第で達成)・かなり難しい(調整次第で現状維持)・難しい」の4つで判断する方法があります。そして、このときの判断基準に「普通」とか「まずまず」と言った表現を使わないことがポイントです。

特に、「普通」という言葉は相手をはぐらかす言葉としては、逆に便利な表現です。例として注目されている選手が、マスコミなどの取材に対する受け答えとして常に「普通です!」と答える心構えは大切と考えます。

「調子はどうですか?」「普通です!」。「明日の目標は?」「普通です!」。「具体的には?」「普通です!」……。私の経験になりますが、余計な受け答えをすることによって墓穴を掘り、その影響で本当に走れなくなってしまう選手は、実に多いのです。

さて、話しを戻すと、「かなり難しい・難しい」と自己判断できる場合、目標を下方修正することを推奨します。例として、目標を「サブスリー」としていたが、「かなり難しい・難しい」と判断できる場合、目標を「3時間5分」などに下方修正するのです。

それによって逆に、「達成できる・ほぼ達成できる」に調子を引き上げることにもなります。一見するとマイナス思考のようにも感じますが、下方修正することでその次のマラソンにもつながります。もちろん、この後の最終調整での無理な負担もなくなります。

何事も現実を直視することは勇気のいることですが、最終調整に入る前の時期だからこそ現実逃避をしないことです。かくいう私は、選手時代にそれができませんでした(涙)。

秋を走る・8

【秋を走る・8】この1週間は、全日本大学駅伝大会をはじめ各地区の実業団駅伝大会などが開催され、いよいよ本格的な駅伝シーズンが到来しました。また、12月開催予定の福岡国際マラソン大会や防府読売マラソン大会の当選発表(?)もあり、マラソンシーズンに向けても動き出してきました。

同様に、大学関係が主催するトラックでの長距離記録会も例年並みに戻りつつあるでしょうか。また、それぞれのリザルトを拝見すると、特に学生選手(男子)たちの記録躍進は驚異的と感じるのは私だけでしょうか。

いわゆる「厚底シューズ」の使用ルールが決まりましたが、国内に限っては11月末までのトラック競技使用も事実上認められている状態です。その影響は間違いなく好記録に結び付いていると感じます。

一方、それぞれの大学や選手たちが厚底シューズを上手に乗りこなす技術や、厚底シューズを着用したトレーニング時の設定タイムなどのノウハウが確立されつつあるとも感じます。これからはじまる本格的な駅伝・マラソンシーズンで、驚異的な記録を目の当たりにする可能性が高まっているのは事実であり、駅伝・マラソンファンとしてはとても楽しみです。

また、この厚底シューズはトップ選手だけでなく、市民ランナーや高校生、中学生にも深く浸透しています。特に、市民ランナーの方々は学生選手や実業団選手たち並みに普及している印象です。

厚底シューズの記録への影響について、正確なデータや報告を私は見たことがありません。しかし、マラソンを目標にしている市民ランナーの場合、厚底シューズに変えたことで5分以上の記録短縮を達成した方もいるでしょうか。特に、走力が3時間20分程度以内の市民ランナーの方々は、トップ選手以上に厚底シューズの恩恵を受けている方も多いと感じます。

ランニングは道具を使わないスポーツとして広く知られているので、誰でも気楽にはじめることができます。一方、シンプルなだけに「上手い、下手」ではなく、まじめに努力した人が結果を残せるスポーツとしても広く知られていると思います。

しかし、まさかの厚底シューズの登場で、記録はもちろん、トレーニング理論などにも大きな影響を与えるかもしれません。その昔、トラックはアンツーカー(土)でしたが、1968年のメキシコ五輪あたりから今の原型となるタータントラック(全天候型)に移行し、記録が大躍進しました。

厚底シューズを着用し、トラックで驚異的なスピードを出せるノウハウをつかんだランナーたちが、ロードの駅伝やマラソンでどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです。

秋を走る・7

【秋を走る・7】コロナ禍の影響で各種大会が中止や延期に追い込まれている中、皮肉にも今年の秋は例年以上に走り易い気候になっていると感じているのは私だけでしょうか。

千葉県富津市富津公園において実施した強化合宿も恵まれた天候のおかげもあり、順調に走り込むことができました。今回の強化合宿は6日間の日程でしたが、26kビルドアップ走を1回、40k走を2回など、どの選手も積極的に走れていました。

また、箱根駅伝予選会も無事に終了し、全日本大学駅伝や東日本実業団駅伝などが迫っていることもあってか、今回の合宿期間中は学生選手も実業団選手もほとんど見かけない珍しい状況でした。特に平日の富津公園内は人も車もまばらになっていたので、のびのびと走り込むことができました。

11月もこの富津公園を拠点とした強化合宿を2回実施予定です。11月は10月の強化合宿よりスピードを高める内容にシフトしていきますが、走り易い気候が続いているので、一気に調子が上がっていかないような見極めとサジ加減が必要になります。

12月の防府読売マラソンを目標にしているので、11月に調子が一気に上がりだすと、12月に入るころには調子が落ちていく可能性も出てきます。もちろん、目標の大会に調子を合わせる方法は様々ですが、これまでの経験だと、調子を引き上げていくよりも上がり切ってしまった調子を維持(継続)する方が圧倒的に難しいと感じます。

例えるなら、ある入れ物に水を注いで満杯にしてく作業より、その入れ物から溢れて外に流れ出た水を元の入れ物に戻す作業の方が難しいとでも言いましょうか。11月は更に走り易い気候が予想されるだけに、より慎重な距離やタイムの設定が不可欠になります。

特に、10月を順調に走り込めた選手ほどその見極めが難しいと感じます。単に調子が良いのなら11月後半から調子が落ちていくことが懸念されます。しかし、走力そのものが一段上のレベルに到達しているとしたなら、距離やタイムの設定を上方修正する必要があるからです。

もう少し掘り下げて言うなら、12月の防府読売マラソンで、「自己記録更新を狙えるか否か」の判断を選手ごとに見極めていく時期に入ってくるのが11月でもあるからです。物事は難しく考えると難しい答えしか出ないと言いますが、シンプルに考えてもその見極めは難しいものです。

これからは風邪にも注意です。

秋を走る・6

【秋を走る・6】10月18日の富津合同マラソン練習会は、ハーフマラソンのトライアルを実施しました。もちろん、個々の判断で5kや10kのトライアルとし、途中でゴールしても大丈夫なルールです。

さて、コロナ禍の影響で全国各地のマラソン大会が中止や延期となっており、モチベーションが上がらないランナーも多いと思います。また、何とかランニングを継続してきた方でも、毎年目標にしてきた大会が無くなったことで、この先のトレーニング計画やその内容も見えなくなった方もいることでしょう。

毎年10月の第3日曜日は「高島平ロードレース大会(東京)」が開催されていました。同大会へは、富津合同マラソン練習会に参加している方々も、ほぼ全員が出場していましたが、今年は中止となりました。そのため、10月18日に富津でハーフマラソンのタイムトライアルを実施することにしました。

もちろん、実際のレースと違うので、参加した多くの方がこのタイムトライアルに向けて調整など実施せず、いつもの距離走感覚で参加していました。と、言いながら参加者の多くはかなり緊張しており、久々にレースペースで走ることに不安を抱いている様子でした。

毎年のことですが、夏にある程度走り込んできた方は、特にスピード練習を実施していない状況でも涼しくなってきた分、ある程度のスピードも出せる状態になっているものです。それを経験的にも理解している方は積極的に記録を狙います。

今回は、1kあたり4分00秒と5分00秒で走るペーサーを付けてスタートしました。いつもは5分30秒ペースで走っている方々は5分00秒ペース。5分00秒から4分30秒ペースで走っている方々は4分00秒ペースを目安にスタートです(参考までに先頭は3分20秒ペース)。

案の定、それぞれの集団から脱落する方はいません。特に、いつもは5分30秒ペースで走っていた方々も最後まで5分00秒ペースをキープし、ラスト2kは逆にスパートする余力もありました。4分00秒ペースのグループも最後まで集団が崩れず、同じくラスト2kから積極的にペースアップし、1時間23分台でゴールする女性もいました。

また、4分00秒ペースのグループに加わって10kトライアルとし、初めて40分を突破した50代の女性もいました。この他にも好記録続出のトライアルとなりました。秋も深まるこれからの季節は、更に記録更新を狙えます。特に、土台部分となる距離走を週末毎に重ねてきた方は、ハーフマラソン以下の距離でも十分に記録を狙えるのです。

11月もハーフマラソンのトライアルを実施予定です。

秋を走る・5

【秋を走る・5】マラソンを目標にした走り込みのメインは距離走ですが、距離走そのものについての定義はありません。もちろん、マラソントレーニングに出てくるインターバルなどの内容についても決まった定義はなく、実施する選手やチームなどによる経験や感覚的な部分が支配的です。

具体例として「ペース走と距離走の境界や違いは?」、「ショートインターバルとミドルやロングインターバルの境界や違いは?」、「ビルドアップ走のペースアップ方法は?」など、正式に決まっている点はひとつもありません。

また、個々の走力によってもその境界は変わります。初心者の方が10kの距離を走れば、ペース走と言うより、距離走に値することでしょう。同じく、400mのインターバルも初心者の方が走ると、ショートインターバルではなくなります。

このように、それぞれの走力によって同じトレーニングでも捉え方が微妙に違ってきます。したがって、個々の走力や目的に合わせた具体的な距離や設定タイムをスタート前に確認し、それに沿って走ることがポイントになります。至極当然のことです。

ところが、そうならないケースは多いのです。よくあるパターンとして、30kをゆとりある設定ペースで走り切る「距離走」としてスタート。ところが、出足から速めのペースになり、落とすことなくそのまま走り続けます。秋晴れの中、15kあたりから気温も上昇し、次第にゆとりもなくなります。しかし、そのペースを落とすこともできず、最後はほとんど全力でそのペースを死守して走り切ります。

この場合、「距離走」としてスタートしたのですが、出足から速くなり、結果的には「タイムトライアル」と、化してしまった例です。同様に、25kを5k毎にペースを上げていくビルドアップ走としてスタート。10kまでは設定タイムどおりでしたが、15k地点ではほとんど全力に近いペースに上ってしまい、最後の5kは逆にペースダウン。これも「タイムトライアル」と、化してしまった例です。

上記した2例とも強化合宿や練習会などで必ず拝見するパターンです。もちろん、目標のマラソンに向けてトレーニングを繰り返していくと、そんなこともあることでしょう。しかし、設定タイムを守れない人は、不思議と繰り返します。その結果がどうなるかは言うまでもありません。また、そのような人が同じグループで走ると、そのグループの練習は崩壊します。特に、駅伝を目標にしている場合、チームにも深刻なダメージを与えることになります。

自分自身が「グループで走れるタイプか否か?」、「単独で走る方が向いているタイプか否か?」など、予め把握してから各種トレーニングに挑むことは、走力アップにつなげる重要なポイントになります。

秋を走る・3

【秋を走る・3】今年も10月に入り、本格的なマラソンや駅伝のシーズンになってきました。もちろん、コロナ禍の影響で多くの大会が中止や延期に追い込まれています。特に、市民ランナーの皆様にとっては、出場できるレースや大会はほとんど皆無なのが実情です。

しかし、私も強化拠点にしている千葉県富津市富津公園においては、箱根駅伝や実業団駅伝を目標にしている各チームが、例年どおりに走り込みを開始しています。特に、箱根駅伝予選会に出場する学生選手たちにとっては、この富津公園の平坦な周回コースは本番を想定した走り込みに適しています。

案の定、先日の日曜日は予選会通過が有力と数えられている大学が、走り込みをしていました。また、同じ公園内で私が主宰する練習会を実施しながら拝見していると、合計3つの大学が走り込みをしていました。

1つ目の大学は、レースペースに近いスピードでトライアルのような走り込みを。2つ目の大学は、比較的ゆっくり目のスピードで長い距離を。3つ目の大学は、実戦ペースに近いスピードで、「5k×3本」のロングインターバルを。

目指している箱根駅伝予選会は同じ日ですが、指揮官によってその調整内容は全く違います。至極当然のことですが、それぞれの内容はとても興味深く、同大会当日の結果にどのようにつながるかは、ひとりの駅伝ファンとしても楽しみです。

また、実業団の某強豪チームは公園内の直線道路で、「1k×10本」のインターバルを実施していました。同チームの選手は全員がナイキの厚底シューズを履いており、具体的なタイムは確認していませんが、相当速いペースで駆け抜けていたのは間違いありません。

学生選手も実業団選手も「例年より仕上がりが良いのでは?」と感じるシャープな動きをしていました。それを裏付けるように夏以降、トラックでの記録会などが復活してきましたが、全体的に好記録が出ています。

これからのロードレースシーズンで、コロナ禍を吹き飛ばすような更なる好記録を期待したいと思います。もちろん、市民ランナーの皆様も少ない大会で確実に結果を残してほしいと願っております。

例年どおり、今年も10月から本格的な走り込みを、ここ富津公園で開始します。

秋を走る・2

【秋を走る・2】厳しい残暑が続いていましたが、一気に秋めいてきました。先日の19日からの強化合宿も暑さに苛まれることもなく、計画どおり順調に走り込むことができました。

さて、秋から冬にかけて開催されるマラソン大会の動向もかなり見えてきましたが、予想どおり厳しい状況です。既に年内のマラソン大会は全国的に自粛方向になっており、開催を表明している大会も参加基準を引き上げる傾向です。

また、年明けのマラソン大会についても、既に中止や延期を表明している大会が多いのも確かです。全国のマラソン大会もブームから定着へと移行していただけに、個人的には残念な気持ちです。と、言いながら今の状況が永久に続くこともないでしょう。月並みな言い方ですが、これまで同様、コツコツと走り込んでいくしかありません。

特に、マラソンに必要なスタミナ(持久力)は、身に付けるには年単位の地道な走り込みが必要ですが、手を抜き出すと目に見えて落ちていく傾向にあります(私の経験上)。そのため、「ここで休んだらもったいない」と思えるか否かは、大きなわかれ目になるかもしれません。

また、毎年目標にしてきたマラソン大会が無くなることは、走り込む目的やモチベーションを維持していくことすら難しくなっていくでしょう。つまり、落ちていく気持ちをどのように高めていくかの工夫も求められます。

マラソン大会を開催するか否かの判断は、最終的には主催者が大会当日に決めることもできます。しかし、そのマラソン大会で自己記録を更新するためには、計画的な走り込みの継続や心身ともに健康な状態を長期継続することが不可欠になります。つまり、マラソン大会に出場するための準備は手を抜けないのです。

先の見通しが立たないことに力を費やすことは確かに無駄なことかもしれませんが、マラソンは長期的な準備がないと結果を残すことはできません。また、この先のマラソン大会がどのようになっていくかは誰にも予想することはできませんが、自分自身の走力を維持・向上させられるか否かは自分自身で確実にコントロールできます。

いつも無視してきた弱い部分の自分自身と向き合える絶好の機会かもしれません。

ホーム > マラソン

Search
Feeds

ページの先頭へ