Home > マラソン

マラソン Archive

別大マラソン

【別大マラソン】私が初めて別大マラソンに出場したのは19才。当時は23才以下ハーフマラソンの部があり、その部門に出場したのが最初です。(国内でハーフマラソンの部を実施したのはこの大会が最初だと思います。)

あれから30数年が経過しましたが、この間に市民ランナーや女性ランナーたちも参加できる大会へと進化しました。そして、第65回大会(2016年)から視覚障がい部門を新たに設置いただき、日本視覚障がい男子マラソン選手権も兼ねる大会となりました。

特に、第69回大会の今回は、東京パラの視覚障がいマラソン代表推薦選手選考会として開催していただきました。具体的には男女とも第3推薦選手を選考します。既に男女とも第2推薦選手まで決まっているので、残す推薦枠はひとつです。

もちろん、推薦されるには単に順位だけでなく記録も加味されます。したがって、出場選手たちはライバルとの勝負だけでなく、記録との勝負も含まれることになります。果たして結果は、男女とも上位5位以内でみると、男子は3選手が自己記録を更新。女子は4選手が自己記録を更新しました。

特に、女子は優勝した道下選手がT12クラスの世界新記録。4位の井内選手がT11クラスの世界新記録と、すばらしい記録を残してくれました。今回の結果は各選手の地道な努力はもちろん、ともに走ったガイドランナーやサポートいただいた皆様の結晶です。

しかし、東京パラ出場への道のりはここからになります。今大会で優勝した男子の堀越選手と女子の道下選手をのぞく、第2・第3推薦以下の選手たちは4月にロンドンで開催されるWPAワールドカップマラソンで東京パラ出場枠獲得を目指し、世界と戦います。

そのため、今大会から2ヵ月弱でもう一度調子のピークをつくる必要があり、今回の結果にひたっている間はありません。東京パラ出場への道のりは半ばですが、今大会同様のパフォーマンスを4月にも発揮できるよう、微力ながらしっかりとサポートしていきます。

引き続き、皆様の絶大なるご声援をお願い申し上げます。

大阪国際女子マラソン

【大阪国際女子マラソン】大会前日まで天候が心配されていましたが、大会当日は逆に絶好のコンディションとなり、2時間20分突破を狙えるハイペースでスタートしました。そんな中、最後まで粘り抜き、東京五輪代表に大きく前進したのは松田選手でした。

もちろん、優勝した松田選手の記録は見事でしたが、2時間30分を突破した選手も17名。更にサブスリーでゴールした選手は実に165名と、私の知る限りでは過去最高レベルの大会となりました。

好記録が出ている要因については様々ですが、ランニングブームと呼ばれてから10年以上が経過しました。同時に、クラブチームや個人ごとにマラソン攻略方法のノウハウが、それぞれ確立してきたことが大きいと感じます。

特に女性市民ランナーは年齢に関係なくどの年代も躍進している感が強く、記録更新を最大の目標としながらストイックに日々走り込んでいる人も確実に増えています。余談ですが、今大会5位に入賞したオーストラリアの選手は41才です。

また、若いころに陸上競技経験の無い人が、どんどん記録を短縮しているのも女性市民ランナーの特徴でしょうか。物事をコツコツと継続するのは女性の方が向いてるといいますが、まさにマラソントレーニングは女性向きかもしれません。

さて、今回の大阪国際女子マラソン開催日は、毎年1月最後の日曜日です。これをマラソントレーニングに置き換えてみると、ちょうど年末年始あたりが重要なポイント時期と重なります。つまり、大阪国際女子マラソンを目標にすると、ポイント時期と年末年始の慌ただしい時期とが重なり、計画どおりに走り込めないケースを多々みてきました。

そのため、私の個人的な感覚になりますが、大阪国際女子マラソンにおいて目標タイムに到達できなかった市民ランナーは意外と多く、時期的には難しい大会と考えていました。しかし、今回は上記したとおり、記録ラッシュとなりました。

それぞれのチームや個人ごとにマラソン攻略のノウハウが蓄積されてきただけでなく、女性市民ランナーの意識改革が進み、マラソンに対する取組姿勢がより高まったことが最も大きな理由かもしれません。

3月の名古屋ウィメンズマラソンは更に期待できるでしょう。

2020マラソンシーズン

【2020マラソンシーズン】今年もニューイヤー駅伝と箱根駅伝で年が明け、男女の都道府県対抗駅伝へと一気にタスキリレーされました。そして、いよいよ2020年の本格的なマラソンシーズンに突入です。

まずは、大阪国際女子マラソンが今週末に開催されますが、東京オリンピック代表切符を目指した女性ランナーたちの戦いです。その最後の代表切符の条件は記録ありきなので、誰に勝ったとか負けたとかでなく、設定記録である「2時間22分22秒」の数字をこえるか否かの戦いになります。

本日時点の天気予報だと、当日の天気は厳しそうですが、当日のコンディションに関係なく「2時間22分22秒突破」を目指した設定タイムでキッチリとレースは進んでいきます。その東京オリンピック代表切符のゴールに向かう「夢の列車(先頭集団)」に何人の選手が乗っていけるかは、最大の注目点です。

天候によっては、その「夢の列車」に乗客がいないまま進んでいく可能性もありますが、マラソンファンとしてはいつもと違う乗客がひとりでも多くいることを期待したいと思います。

さて、富津合同マラソン練習会で切磋琢磨してきた女性市民ランナーたちも同大会に出場します。しかし、数年前から参加標準記録が「3時間10分以内」に引き上げられたため、参加すること自体が難しくなってきました。

なかには参加記録を引き上げられたため、マラソンに対するモチベーションが下がった方もいましたが、どのランナーも地道に走り込みを継続しながらそのハードルをクリアしました。

その思いと粘りは、男性より女性のほうが上かもしれません。少なくとも富津合同マラソン練習会を拝見しているとそう感じます。大会当日まであと数日ですが、最後まで風邪やインフルエンザなどに注意し、万全の体調で迎えてほしいと願っております。

最終調整は「迷ったら休養」です。あらためて、参加される皆様方の快走を心より祈念いたします。

防府読売マラソン

【防府読売マラソン】第50回の節目となった防府読売マラソン大会。そして、同時開催させていただいている「視覚障がい女子マラソン日本選手権大会」も、ちょうど20回となりました。

更に、プロランナーとなった川内優輝選手もこの大会にほとんど毎年のように出場していますが、今回で何と100回目のマラソンとなったようです。偶然とはいえ、これだけ節目となる話題が重なることは珍しいことです。

さて、来年はいよいよ東京パラリンピックですが、今回の視覚障がい女子マラソン日本選手権大会で優勝。あるいは上位入賞した選手が、そのまま東京パラリンピックの代表選手に選考されることはありません。

また、パラリンピックの場合、単純に国内選考大会で上位〇位に入れば日本代表に選考されるとは限りません。パラリンピックに出場するための出場枠を別に獲得する必要があり、オリンピックにはない独特の国際ルールがあるからです。

特に、出場枠を獲得する上で記録はとても重要視され、世界ランキングの上位にランクされることはとても重要です。しかし、パラリンピックの場合、WPA公認の大会でマークした記録のみしか世界ランキングに反映されません。

ところが、国内で実施されるWPA公認のマラソン大会はあと数レースです。そのため、積極的に記録を狙える大会としては、事実上この大会が最後になる可能性もあります。今回、この大会にエントリーした選手たちもこの大会で自己記録更新を最大の目標に調整してきました。

大会当日は、少し気温が高めでしたが、風もほとんどなく絶好のコンディションとなり、どの選手もスタートから積極的に自己記録更新を狙って走りました。結果は、男子の1位と2位に入った選手が自己新記録を達成。

注目の女子は6選手が出走し、3選手が自己新記録を達成することができました。また、自己の持つ世界記録更新を狙った道下選手でしたが、惜しくも及びませんでした。しかし、今季世界ランキング1位に返り咲く好記録をマークすることができました。

東京パラリンピック視覚障がいマラソンの国内選考大会は、2月の別大マラソン大会を残すのみとなりました。この後、年末に強化合宿を実施しますが、全員で切磋琢磨しながら更なる記録更新を狙っていきます。

マラソンコース

【マラソンコース】12月8日は奈良マラソンが開催され、今年は10回記念大会となりました。また、縁あってこの大会には、第1回大会から私がコーチする選手(市民ランナー)たちも参加しております。

コースは起伏の連続で、「日本一きついコース」ともいわれているようです。確かに私の選手たちも自己記録と比較すると、5分から10分程度遅くなっている感じですが、コースの起伏に関係なく参加者は毎年増えています。

さて、マラソンコースは大会ごとに特徴があります。平坦で記録を狙いやすいコース、ある一定の距離を周回するコース。そして、起伏の激しいコースなど、様々なコースがあり、ランナーにとって大会ごとに特徴のあるコースを走れることが、大会に参加する大きな理由のひとつになっています。

実は、奈良マラソンのように起伏の激しいコースといっても、スタート地点とゴール地点が同じ(近く)であれば高低差は「0」ともいえます。つまり、道中の起伏は上りがあっても必ず同じ分の下りがあることになるからです。

実際に奈良マラソンは「日本一きついコース」といわれていますが、男女の大会記録は決して遅くない記録です。もちろん、わざわざ起伏のあるコースを走るより、平坦を走る方が楽に走れますが、起伏の激しいコースも攻略することは可能なのです。

また、いわゆる公認コースや公認大会を取得するにはいくつかの条件があり、それを満たしていないと記録自体も公認されません。特に、ある一定の記録を突破しないと出場できないエリート大会を目指しているランナーは、大会やコースが公認条件を満たしているか否かを予め確認しておくことは必須です。

近年は参加者が1万人をこえるような大きなマラソン大会においても、公認条件を満たしていない大会も多くあります。記録にこだわりを持っているランナーは必ず確認してから申し込みをしましょう。

今も昔も記録を出したあと、その記録が公認されないことを知り、あらためて公認記録の取得ルールを確認するランナーがいます。自己記録を更新するのはランナー自身の努力ですが、記録が公認されるか否かはランナー自身の努力ではないので、逆に悔やまれます。

本気で記録を目指しているランナーの皆さんは、あらためて確認しておきましょう。

福岡国際マラソン

【福岡国際マラソン】12月1日、スタート時の天候は曇り、気温は18度と高めのコンディション。今年の福岡国際マラソンは2020東京五輪に向けたMGCファイナルチャレンジ最初のレースでした。

さて、3つ目の代表内定の最低条件は派遣設定記録である「2時間5分49秒以内」です。したがって、ペースメーカーもその派遣設定記録更新を目標に先頭でレースを引っ張ります。かくいう私も沿道から選手たちの挑戦を応援しました。

マラソンはある意味、究極の屋外競技です。同時に、自分の体と心だけで、2時間以上も走り続けるマラソンの記録は、それまでのトレーニングやその日の体調などによって大きく変動します。しかし、記録に最も影響を与えるのは、当日の天候です。

どんなに良いトレーニングを積んで、どんなに絶好調な体調でスタートラインに立てても、その日の天候が30度以上の猛暑だったり、逆に0度を下回る冷たいミゾレだったり、あるいは10mをこえる強風下だったりすると、その日の体調に関係なく記録達成は難しくなります。まさに自然との戦いです。

しかし、MGCファイナルチャレンジは記録ありきなので、当日の天候に関係なく派遣設定記録更新に挑戦しなくてはいけません。今回の福岡国際マラソンにおいて、最後までその派遣設定記録更新に食い下がったのは藤本選手でした。

沿道から応援した感覚だと、記録を狙うには気温が高いと感じましたが、案の定、藤本選手も30k過ぎからペースダウン。しかし、最後までレースを投げることなく、2位でゴールしました。ゴール後、藤本選手のコメントも実にさわやかでした。

上記したようにマラソンは当日の天候に記録が大きく左右されます。そのため、当日の天候をみながら選手たちは目標タイムを修正したりもします。しかし、このMGCファイナルチャレンジに挑戦する選手には、その選択はありません。

「どんな天候でも行けるところまで行く!」

この言葉はマラソンに初挑戦する市民ランナーの方からよく聞きますが、一流の選手たちがそのように場当たり的な戦術で走ることはほとんどないと思います。

男子のMGCファイナルチャレンジはあと2レース。ひとりのマラソンファンとして、スピードとスタミナに「度胸とハッタリ」を兼ね備えた選手出現に期待したいと思います。

再び走り込み・7

【再び走り込み・7】今週末も参加者が1万人をこえる大きな市民マラソン大会が全国各地で開催されます。参加される皆様におかれましては、最後まで風邪に注意し、万全の体調でスタートに立てることを心より祈念いたします。

さて、23日から日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿を千葉県富津市富津公園において実施します。目的は「走り込み」になりますが、12月15日に山口県で開催される防府マラソン(IPC登録の部)に向けた最後の強化合宿にもなります。

同大会は、視覚障がい女子マラソンの日本選手権も兼ねているので、特に女子強化指定選手の多くがこの大会に出場します。また、2017年の同大会において道下選手がT12クラスの世界新記録でゴールしているので、どの選手も自己記録更新を狙っています。

来年に迫った東京パラリンピックの代表争いも佳境に入ってきており、12月の防府マラソンで自己記録更新は重要なポイントになります。どの選手も万全の調子でスタートに立てるよう、コーチしていきます。

また、同大会に出場する視覚障がい女子選手は、T12クラスの選手も含め、全選手がガイドランナーと一緒にマラソンを走ります。これは本当に偶然ですが、男子選手と違って単独走がいないので、全選手が同じ条件で競い合うことにもなります。

ガイドランナーと一緒に走る視覚障がい選手は、ガイドランナーが安全を確保してくれる意味では単独走の視覚障がい選手より安心することができます。一方で、視覚障がい選手はガイドランナーの調子や走力も考える必要があるので、逆に視覚障がい選手にとっては負担になる部分であるのも事実なのです。

というのも、過去を振り返ると、国内外の大会においてガイドランナーのアクシデントによる選手の失格や、選手が途中棄権した事例は10回や20回ではおさまらないからです。

もちろん、誤解してほしくないのは、ガイドランナーの善悪を指摘しているのではありません。それだけガイドランナーの負担やプレッシャーは大きいので、それらを受け止めて一緒に走るにはより高い走力が求められるからなのです。

ある意味、選手の強化以上にガイドランナーの走力強化の方がより重要になる点をご理解いただきながら、視覚障がい選手へのご支援をお願い申し上げます。

再び走り込み・5

【再び走り込み・5】少しずつ秋らしい気候となってきて、本格的なロードレースシーズンに突入しました。まずは大学駅伝が開幕し、各地でマラソン大会も目白押しになってきております。

春先から秋のマラソンを目標にコツコツと走り込みを継続してきた市民ランナーの皆様にとっては、ここまでの努力を、記録として目に見える成果を残せる時期に突入しました。

ところが、11月に入ったにもかかわらず、気温が20度を大きくこえる日があったりもします。勝手なもので、7月や8月の暑い時期は「暑くて走れない」と誰もが声にするので、逆に暑いのが普通と感じます。しかし、一旦涼しくなってから再び気温が20度をこえると、同じように「暑くて走れない」となったりします。

経験的な話になりますが、真夏の30度をこえる中でのランニングは誰もが危険と感じます。一方、11月以降に気温が20度をこえた日のランニングやレースにおいても、脱水症などに陥る危険性は高まります。

ある意味、秋以降のロードレースについては、夏以上に当日の気温などのコンディションに注意をはらう必要があると感じます。特に、マラソンについては、当日の気温や天候を見極めてから「柔軟にその日の目標タイムを変更するゆとり」が求められます。

先日の箱根駅伝予選会においても気温が高く、かなり厳しいコンディションだったとのことでしたが、気温は20度前後でした。しかし、その気温が総合順位にも影響したのは間違いありません。

また、来年の東京オリンピックのマラソンと競歩が札幌に移転することが決定しました。東京より札幌の方が涼しいことが主な理由だったようですが、札幌も30度をこえる日があります。もちろん、来年の五輪マラソン当日の気温が札幌でも35度以上になる可能性もあります。

つまり、大会当日の気温や天候については、傾向を知ることはできますが、具体的にどのような天候や気温になるかは誰にもわかりません。そして、過去のデータばかりを気にして「頭でっかち」に陥らないことは、とても大切なポイントだと思います。実は、このサジ加減こそが勝敗をわけるポイントになるのかもしれません。

再び走り込み・4

【再び走り込み・4】10月に入り、マラソンに向けた本格的な走り込みを開始したところですが、実はマラソン以外のロードレースや駅伝シーズンでもあります。そのため、マラソンに向けた走り込みの一環として各種ロードレース大会に出場する方も多いと思います。

いわゆる本命のマラソンに向けた走り込みの一環として出場するレースのことです。もちろん、マラソンも含まれます。この方法は、かつては否定的な意見が多かった感もありますが、今や市民ランナーの間においては一般的なトレーニング方法のひとつでしょうか。

といいながら、毎年のように失敗している場面に遭遇するのも事実です。まずは、走り込みの一環としてマラソンを走ったときの主な失敗ケースをあげてみます。

1.設定タイムより速くなり過ぎて後半失速する。2.コースの起伏が激しすぎて頑張った割には設定タイムより遅くなる。3.設定タイムを守るも諸事情により途中でバテて、ゴールまでやっとたどりつく。

走り込みの一環としてマラソンを走ることは問題ありませんが、上記したようなケースに陥る市民ランナーの方を毎年必ず見受けます。つまり、走ったために、逆に自信を失って気持ちが激しく動揺し、更にその後の練習に迷いが生じてしまうパターンです。

こうなると、マラソンに挑戦したい元の意欲的な思考回路に戻していくことが難しくなっていきます。そんなとき、「気持ちをきりかえよう」と、私もよく使う言葉ですが、マラソンは結果を数字(時間)ではっきりと示されるので、その結果は永久に残ります。そのため、そう簡単にプラス思考へ戻すことは難しいと感じます(少なくとも私の経験上は)。

こんなことを話していくとネガティブな内容に終始するので、こうならないように仕向けていくことが重要なのはいうまでもありません。特に、走り込みの一環として出場するマラソンについては、「走る目的(設定タイムなど)」から逸脱しないことが大切です。

もちろん絶対に大丈夫といった対応策はありませんが、上記した3つの失敗ケースに陥らない方法としてビルドアップ走は推奨できる走法のひとつになります。具体的には設定タイムにこだわらず、出足はジョギング感覚でスタートします。

走力にもよりますが、中間点から30k過ぎあたりまでゆるゆると走り、そこからゴールに向かって少しずつペースを上げていく走法になります。要は、スタミナ養成を最大の目的にゆっくりスタートし、ラスト数キロを設定タイムでしっかりと走り切る走法になります。

設定タイムなど悩みながらスタートする場合は、試してほしい走法のひとつと考えます。

判断

【判断】10月に入りましたが、まだまだ残暑が続いている感じです。そんな中、9月28日から4泊5日の日程で、いつもの富津で強化合宿を実施しました。

先月の台風15号の被害で、富津公園周辺でも屋根にブルーシートをかぶせてある家もありますが、日常生活は通常に戻っています。こんな状況の際、様々なイベント関係は自粛したりします。もちろん、スポーツ合宿も例外ではありません。

一方で、被災地の被害状況にもよりますが、逆に「お越しください」との声もよく耳にします。同時に、何か企画する側は、被害にあった方々に対して「不謹慎」という見方と、逆に「元気を与える」といった見方に分かれるケースも多々あります。

幸い、我々が強化合宿でお世話になっている旅館は「お越しください」との返答。更に、我々も合宿を通じて「少しでも活気つけば」と願っていたので、強化合宿も無事に実施することができました。

さて、ドーハで世界陸上が開催されております。各種報道のとおり、気温と湿度の高さが尋常ではなく、かつてない悪コンディションとなっている様子です。特に、ロード種目は過酷を極めています。そのため、専門家からの厳しい意見や視聴者からの批判的なコメントも多く目にします。

しかし、そんな厳しい状況になることは既にデータ的にも分かっていたことでもあり、最終的な決定も各種専門家による判断でロード種目の実施が決定されました。そんな中、日本代表の女子マラソンや競歩種目は大健闘を見せております。

目の前にある危険(気温・湿度)に対し、蓄えてきた先人たちの経験とノウハウに科学をミックスさせ、地道に暑熱対策テストを繰り返してきた勝利です。もちろん、目の前にある危険(気温・湿度)を回避した(参加しない)としても、今大会のコンディション下では、責めることはできないと思います。

完走(完歩)率は記録的に低く、想定以上に厳しいコンディションだったのは間違いありません。更に、それを「選手生命の危険」と捉えて回避するか、「頂点を狙えるチャンス」と捉えて挑戦するかの判断も難しい点です。

我々は来年の東京パラに向け、「頂点を狙えるチャンス」と捉えられる準備と努力を重ねていきたい……。

ホーム > マラソン

Search
Feeds

ページの先頭へ