Home > マラソン大会

マラソン大会 Archive

暑さ対策?

【暑さ対策?】伝統の福岡国際マラソン選手権大会が、12月2日に開催されました。結果はご存知のとおり、服部選手が35k過ぎからペースを上げ、見事に初優勝しました。

当日は朝から気温が高く、スタート時の気温は20度を超える記録的な厳しいコンディションとなりました。案の定、中間点を過ぎたころからどの選手も暑さに体力を奪われ、失速する選手が続出していました。

それだけに優勝した服部選手の強さが際立っていました。また、服部選手は自分自身で発汗が多いとコメントしていましたが、まるで当日の気温を予言していたかのような見事な給水対策を実施していました。

具体的には、2本のスペシャルボトルを紐で結び、落とさないよう首にかけられる工夫です。これにより、持ちながら飲む負担軽減と、ボトルを取った後はどの選手よりも時間をかけてゆっくり飲んだり、身体にかけたりと準備したスペシャルドリンクを無駄なく摂取できていました。

私はマラソンを何十年も見てきましたが、こんな給水方法を見たのは初めてでした。もちろん、昔からあったのかもしれませんが、それを実行に移した服部選手の着眼点には驚きました。給水を見て感動したマラソンはこれが初めてかもしれません。

更に、優勝後に報道された服部選手のコメントを拝読すると、意外なことに40k走とロングジョグを軸にした日本伝統のマラソントレーニングを実施してきたとのことでした。服部選手は、箱根駅伝の2区で区間賞を獲得するような選手だっただけに、もっとスピード重視の取り組みかと思いきや…。

私は、どの選手のトレーニングが優れているとかの評価ができるような立場ではありませんが、福岡国際マラソンでの給水対策や福岡国際マラソンに向けた走り込みは、服部選手のぶれない心の強さを感じました。

何かと情報が飛び交い、何でも知ることや手にできる時代ですが、マラソンは周りに惑わされることなく、常に自分自身とじっくりと向き合った選手だけが栄光をつかむ。今も昔もシンプルで厳しい競技であり、逆にチャンスは平等にある競技と、あらためて感じた今回の福岡国際マラソン選手権大会でした。

東日本実業団陸上

【東日本実業団陸上】埼玉県熊谷市において、5月19日から2日間の日程で東日本実業団陸上競技選手権大会が開催されました。今年もIPC公認種目として視覚障がい男女の1500mと5000mを実施頂きました。

既に何度かこのブログでも説明しましたが、年間を通じて日本陸連公認の各種大会は全国各地で開催されています。しかし、パラリンピックを目指す選手たちにとっては、日本陸連公認だけでは記録が認められません。この上にIPC公認の諸条件を満たし、更にIPC公認申請手続きをしておかないと、パラリンピックを目指す大会としては公認されないのです。

そのため、パラリンピックを目指す選手たちにとっては、記録を狙える身近な大会が極端に少なく、少ないチャンスを活かせる調整能力が強く求められます。特に、中長距離種目は、当日のコンディションに記録が大きく影響されるので、運にも左右されます。

果たして今年の同大会は、19日は強風が吹き荒れる悪コンディションとなりました。種目は1500mでしたが、400mのトラックを1周すると全て向い風のような悪条件です。そんな中、男女とも期待の若手選手が記録更新を狙いましたが、残念ながら強風に阻まれました。

翌日は強い風もおさまり、まずまずのコンディションになりました。種目は5000mです。

この視覚障がい5000mは、特に男子選手は強化指定選手のメンバーがほぼ揃い、記録への期待も高まりました。結果は、全体的なスピードの底上げを感じる内容でしたが、中でもT11クラス期待の若手選手である唐澤選手が、「16分18秒59」と大幅な自己記録を更新しました。

そして、今回の最も大きな収穫は、たった3選手だけの出場だった視覚障がい5000m女子の部でした。

優勝したのは、T11クラスの井内選手でした。その記録は「20分37秒54」と、日本記録を大幅に更新。もちろん、自己記録も1分以上の更新です。同じく2位と3位の選手たちも自己記録を大きく更新しました。

実業団選手たちでも自己記録を更新するには厳しいコンディションでしたが、視覚障がい選手は男女合わせて13名の選手が参戦し、6名の選手が自己記録を更新しました。これから季節は夏に向かうので、長距離種目は過酷を極めていきますが、今大会以上の走りを見せてくれると、期待できる走りでした。

東京マラソン2018

【東京マラソン2018】2月25日に開催された東京マラソンは、ご存知のとおり歴史的な大会となりました。設楽悠太選手が日本新記録を達成し、日本人2位の井上選手も2時間6分台。更に、サブテンでゴールした日本人選手も過去最多と、まさに歴史に残るレースだったと思います。

また、自己記録を更新した市民ランナーの方も多く、沿道で応援していた体感では少し寒いような感じを受けましたが、結果的には絶好のコンディションだったようです。

と、言いながら私が関係する市民ランナー方の中には、逆に後半大失速したり、スタートから目標タイムを一度も維持できなかった方がいたのも事実です。

今回、日本のトップランナーをはじめ、目標どおりの記録を達成したランナーたちは、やはり、自分自身に合った計画的なトレーニングを積めていた点は間違いなく、何よりも自身の調子をしっかりと東京マラソン当日に合わせていました。

特に、日本新記録を達成した設楽選手は40k走を実施せず、ハーフ以下のレースを毎週のように走って調整したようです。この話しだけを聞くと、楽して記録を達成したかのように感じますが、逆に強豪選手の集まるハーフ以下の大会で調整をしていくのは、ある意味マラソン以上にレースでのプレッシャーが強く、メンタル面の方が先につぶれてしまいます。

つまり、それだけ自分自身を追い込んだレースで調整してきた設楽選手と、単に40k走を何本も走って調整してきたランナーとの比較は簡単にできません。もちろん、設楽選手は事実として東京マラソンで日本新記録を達成したので、見事な調整方法だったとしか言いようがありません。

一方、良いコンディション下のレースでも、計画どおりのトレーニングを積めていないランナーは、やはり失速していました。逆に、マラソンは良いトレーニングを積めても、当日のコンディションに大きく左右される競技なので、コンディションが悪ければ、記録は狙えません。

もちろん、良いトレーニングを積めていない選手は、良いコンディションになっても走れません。この点がマラソンの厳しさと難しさだと思います。

今年の東京マラソンは、様々な視点から考えさせられる素晴らしい大会でした。

第71回福岡国際マラソン

【第71回福岡国際マラソン】12月3日に開催された福岡国際マラソン選手権大会は、国内の期待される選手たちが多数参戦し、久々に活気あるレースとなりました。そして、結果も期待どおりに大迫選手が日本歴代5位の好記録をマークしました。

さて、その伝統ある大会に今年も日本ブラインドマラソン協会の強化指定選手が3名エントリーしました。しかし、その内2名の選手が体調不良のため、無念の欠場と途中リタイヤする厳しい状況となりました。

平和台陸上競技場で選手のゴールを待っている身としては、とても不安な気持ちに包まれていましたが、コーチとしてレース中は何もできません。そんな中、予定どおりのラップをキッチリと刻んでいた、弱視の熊谷選手(伴走無)の快走を祈る思いでした。

果たして、競技場の時計が2時間25分を過ぎたころ、続々と競技場に戻ってくる選手たちの中で唯一ラストスパートを利かせた選手が目に入ってきました。何とそれが熊谷選手でした。残り300mから更に猛スパートをかけ、前を走る選手を次々にゴボウ抜きし、まるで短距離選手のようなフィニッシュでゴール。

記録は、自己記録を大幅に更新する「2時間27分35秒」。もちろん、熊谷選手自身にとっても初の2時間30分突破です。また、この記録は今年のIPC世界ランキング1位に輝く好記録でもありました。

ようやく強化合宿をはじめ日々の走り込みが成果となった瞬間でもありました。コーチの私が言うことではありませんが、熊谷選手ほど走り込んでいる選手をあまり目にしたことがありません。特に強化合宿においては、1日の走行距離が50kから70kになるのは普通で、量も質も確実に消化できる選手です。

今大会は、悲願の2時間30分突破を目標にスタートしましたが、練習量に裏打ちされた安定した走りが光りました。実は、当日のコンディションとしては、後半の気温がかなり上がり、暑さも厳しかったようにも感じました。特に、2時間30分前後の記録を目標に走っていた市民ランナーの多くは30k以降失速していました。

そんな中、熊谷選手は最初から設定タイムをキープし、30k付近で一旦落ちた5kラップを35kからもう一度立て直して粘りました。更に中間点からは誰にも抜かれず、逆に70名以上のランナーをゴボウ抜きする激走。

これまで、練習の成果を実戦で発揮できず苦しんでいましたが、今回のマラソンで良い流れを自らの力で呼び寄せたと、納得できる内容の走りでした。更なる飛躍を期待したいと思います。

マラソンシーズン

【マラソンシーズン】先日の11月26日(日)は、全国各地で大きなマラソン大会が多数開催されました。また、天候もまずまずだった様子で、どの大会も高い完走率でした。

特に、大阪マラソンとつくばマラソンは今年もたいへんな盛り上がりを見せたようです。かくいう私は、視覚障がいマラソン強化合宿のため、どちらの大会にも出向くことができず、出場したランナーたちの快走を祈るのみでしたが…。

さて、その大阪マラソンには、私が携わっている市民ランナーが5名出場し、つくばマラソンには同じく20名の市民ランナーが出場しました。

結果から報告すると、大阪マラソンに出場した5名の内、3名の方が自己新記録を達成。つくばマラソンに出場した20名の内、8名の方が自己新記録達成、2名の方が目標記録達成、更に2名の方がセカンド記録。

まとめると、2つのマラソンを出走した25名の内、11名が自己新記録達成、2名の方が目標記録を達成し、セカンド記録達成が2名となります。

「セカンド記録以上の達成率=15名/25名=60%」

上記は単なる数字の集計になりますが、この1年間の成果を十分に発揮した内容だったと思います。一方で、直前の体調不良等により、思うような走りができなかった方がいるのも事実です。

本格的なマラソンシーズンは始まったばかりなので、次のマラソンに気持ちと身体を切り替え、これまで同様に地道な走り込みを継続してほしいと思います。

もちろん、自己記録を達成できた方々は、成功した要因をしっかりと解析し、次回のマラソンも安定した走りを再現することが大切です。

少し厳しい見方になりますが、2回連続で目標どうりの走りをした方が、はじめてその上のタイムを意識できるようになると思います。要は、快走した次のマラソンがポイントで、同じように気負わず、気持ちにゆとりを持って走ることが重要です。

引き続き、風邪に注意です。

福知山マラソン

【福知山マラソン】京都・福知山マラソンが11月23日に開催されました。さて、この大会は、2000年から2015年の間、全日本盲人マラソン選手権大会も兼務頂き、盲人マラソンの発展と普及に多大な貢献を頂いた大会でもあります。

もちろん、今も同大会は視覚障がいの部を設置頂いており、毎年多くの視覚障がいランナーが参加しております。そして、今年も参加者の中に、1996年アトランタパラリンピックにおいて、視覚障がいマラソンで日本人初の金メダルを獲得した柳川氏の姿もありました。

柳川氏は既に60歳を過ぎ、かつてのような快走は難しい年齢になっていますが、マラソンを純粋に楽しむ姿勢と心は当時のままで、今年も完走第一を目標に伴走者と元気にスタートして行きました。

さて、同大会の制限時間は6時間です。スタートが10時30分なので、夕方の16時30分までにゴールすれば公式な完走となります。果たして柳川氏は、どんな走りを見せてくれるのでしょうか?

私は、ゴール地点で待機しながら、柳川氏の通過タイムを逐次確認しています。最初の10kは、1時間20分24秒です。これは、1kあたり8分のペースとなり、このペースをキープすると、ゴールは5時間30分前後になる計算です。

その後、30k通過までは見事にこのペースを刻んでいるのを確認しました。ところが、40k通過の記録がなかなか確認できません。かなり心配しましたが、5時間29分41秒で40kを通過したのを確認。30kからは、まさかのペースダウンです。また、このペースでいくと、6時間以内の完走が微妙な状況です。

更に、この時点で、視覚障がいの部でゴールしていない選手は、柳川氏を含めて3名でしたが、全員完走をゴール地点で祈るように待ちました。5時間40分から50分の間に柳川氏以外の2選手は無事にゴールし、残るは柳川氏のみです。

時計が5時間55分を過ぎると、ゴールアナウンサーからの応援もラストスパートに入りますが、心の焦りも私の中でピークを迎えました。もうダメかと思ったその時、ほとんど歩いているような走りをする柳川氏と伴走者の姿が目に飛び込んできました。

2人でバンザイをしながらゴールしたタイムは、「5時間57分26秒!」。

こんなにドキドキしながらマラソンを見たのは、1996年のアトランタパラリンピック以来かもしれません。まさに、柳川氏に相応しい見事な「42.195k」でした。

第47回防府読売マラソン

20161218_125308

【第47回防府読売マラソン】12月18日、山口県防府市において伝統の防府読売マラソン大会が開催されました。また、今大会から「日本視覚障がい女子マラソン日本選手権(IPC登録者)」も同時開催して頂くことになりました。まずは、ご尽力頂いた大会関係の皆様方に厚く御礼申し上げます。

当日の天候は快晴、懸念されていた風もほとんどなく、絶好のコンディションとなりました。日本選手権を兼ねた女子IPC登録者は7名、男子IPC登録者は11名。合計18名の選手が12時3分にスタートしました。男女の上位成績は次の通りです。

■TPC女子の部:優勝/藤井由美子(T12)/3時間17分52秒=自己新記録。2位/安部直美(T11)/3時間18分30秒=自己新記録。3位/青木洋子(T12)/3時間20分23秒=自己新記録。※カッコ内はクラス。

■IPC男子の部:優勝/熊谷豊(T12)/2時間31分25秒=自己新記録。2位/高井俊治(T13)/2時間34分1秒=自己新記録。3位/谷口真大(T11)/2時間39分4秒=自己新記録。※カッコ内はクラス。

男女とも上位3位までに入賞した選手は、全員が自己新記録を達成しました。また、日本選手権を兼ねたIPC女子の部は、上位3位までにリオパラ代表選手が1人も入賞できず、逆に女子選手の底上げが成果として見えてきたことになりました。

9月のリオパラ帰国後、ここまで3回の強化合宿を実施し、今月も年末合宿を実施します。このように、積極的に強化合宿を重ねた成果がようやく記録となって表れてくるようになってきました。同時に、リオパラで大活躍した男女6名の代表選手たちの「魂」が、いつも一緒に切磋琢磨してきた他の強化指定選手たちにも浸透し、チーム力が格段にアップしてきたとも言えます。

さて、リオパラで銀メダルを獲得した道下美里選手ですが、今大会でも期待どおりに40kを2時間46分2秒と、世界記録(2時間58分23秒)の大幅更新を狙える通過でしたが、41kのアクシデントで最下位に沈みました。しかし、リオパラ後も順調に成長していることは十分に確認することができました。

同様に、先日の12月4日に開催された福岡国際マラソン選手権大会に出場したリオパラ5位入賞の和田伸也選手(T11)も世界記録にあと12秒と迫る、2時間32分11秒の大記録を達成しております。

2020東京に向け、チームジャパンとして戦略的に強化し、一層の精進をしていく所存です。

皆様方の絶大なるご声援をお願い申し上げます。

ロンドンマラソン・2016

CIMG9105

【ロンドンマラソン・2016】24日(日)は、ロンドンマラソンです。今年もIPC公認のワールドカップマラソンが同時開催となります。そして、日本からもT12クラスの部(弱視)に男子選手5名、女子選手2名を派遣します。

21日のお昼に羽田空港を離陸し、12時間のフライトを経てイギリス時間の21日15時30分頃、ヒースロー空港(イギリス)に無事着陸しました。12時間のフライトはさすがに堪えますが、選手もスタッフも全員元気です。

一夜明けた今朝6時、あらためて宿泊ホテルのロビーに集合し、それぞれの体調等を確認しましたが、選手、ガイドとも体調は良好です。しかし、こちらの気温は10度前後と寒く、防寒対策を確実に実施して最後まで風邪に注意する必要があります。

また、最後の調整は「休養」です。この点は、あらためて選手・ガイドに話をし、お互いに確認をしました。

スタートはいよいよ明後日ですが、今年も目標のメダル獲得と、それぞれの目標タイム更新を目指し、快走してくれる予感が十分にあります。

皆様方の絶大なるご声援をお願い申し上げます。

福岡国際マラソン

H25-12-1 015

【福岡国際マラソン】今年も残り1ヵとなりました。しかし、マラソンや駅伝はこれからがシーズンのピークを迎えます。

その皮切りとなるのが、明日開催される伝統の福岡国際マラソンです。この大会は言う間でもなく、男子マラソンにおいては国内最高峰の大会です。

かつては、参加資格が「2時間26分以内」で「有効期間が1年」と厳しい時代もありましたが、今では市民ランナー方も手の届く大会へと、リニューアルしました。

今回の同大会は、リオ五輪の代表選考レースになっており、誰がその切符に近づくか楽しみです。

出場される皆様の快走を心より祈念いたします。

第1回さいたま国際マラソン

H27-11-15 179

【第1回さいたま国際マラソン】先日の11月15日、第1回さいたま国際マラソン大会が、開催されました。この大会は昨年まで横浜において開催されていた国際女子マラソンを継承する大会で、リオ五輪の女子マラソン代表選考も兼ねていました。

ところが、エントリーリストを見ると国内有力選手の出場は少なく、寂しい感の漂う大会となりました。また、一般女性ランナーについても出場資格記録がサブスリーランナーは46名と、こちらも盛り上がりに欠ける印象を受けました。

更に、コースも小刻みなアップダウンが多く、特に後半は厳しい走りになることが予想できる難コースでもあります。

さて、今大会に私が指導している女性市民ランナーも多数出場しました。特に、日本代表チャレンジの部にエントリーした選手たちは、夏からの走り込みも予定どおりに消化しており、自信を持って送り出しました。

9時10分にスタート。その時のコンディションは、小雨で無風とマラソンにとってはまずまずです。20kあたりまではどの選手も順調でしたが、25kを過ぎると小刻みに続くアップダウンと、気温の上昇にペースが大きく乱れました。

それでも粘り強く走り抜き、次々にゴールしました。残念ながら私の選手たちは自己記録を更新できませんでしたが、最高順位が11位でゴールするなど、次のマラソンにつながる内容を残すことはできました。

参考までに、今大会にエントリーした女性市民ランナーの中で出場参考記録をサブスリーランナーは上記したとおり46名。その中で出走して完走したランナーは39名でした。彼女たちの結果に関する主なデータは次のとおりです。

■データ1).出場資格記録を上回った人数=3名/39名=7.6%。■データ2).サブスリーでゴールした人数=16名/39名=41.0%。■データ3).3時間3分オーバーでゴールした人数=20名/39名=51.2%。

他の大会と比較データする詳しいデータが無いので正確な評価はできませんが、私の記憶や経験の中においては、かなり厳しいコースであったと言えます。

出場された選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

ホーム > マラソン大会

Search
Feeds

ページの先頭へ