Home > パラリンピック

パラリンピック Archive

アジアパラで

【アジアパラで】インドネシア・ジャカルタで開催されたアジアパラ競技大会は閉幕し、無事に帰国しました。まずは、たくさんのご声援を選手たちに頂き、あらためて御礼申し上げます。

日本ブラインドマラソン協会の強化指定選手からは、男女6名の選手が日本代表選手として同大会に出場しました。我々は、10月3日にジャカルタ入りして現地調整し、レースは8日の女子1500m、11日の男子1500m。そして、12日の男子5000mに出場しました。

8日に実施されたT12/13クラス女子1500mに出場した松本選手は、5分17秒98の日本新・自己新をマークしましたが、残念ながらメダル獲得には届きませんでした。松本選手は専門種目外でしたが、400mにも出場し、68秒45の自己新をマーク。初の国際大会出場でしたが、臆さず力を出し切る内容でした。

さて、ジャカルタの気温は、日中は35度から37度でカラッとしていますが、日差しが強いので中長距離種目にとっては過酷なコンディションです。もちろん、日が沈んだ後も気温は30度以上あり、湿度が60%前後と今度は蒸し暑くなります。

11日の19時以降も同様の過酷なコンディションが続き、その中で男子1500mが実施されました。T11クラスには3選手が出場し、和田選手が銀メダル、唐澤選手が銅メダル、谷口選手が5位。T12/13クラスには堀越選手が出場し、銅メダルと粘りの走りで両クラスともメダルを獲得しました。

翌日の5000mも18時以降に実施されましたが、やはり32度・湿度65%(手元)と、過酷なコンディションの中、サバイバルレースとなりました。

T11クラスは、日本の3選手が前日以上の粘りを見せ、唐澤選手が金メダル、和田選手が銀メダル。そして、谷口選手も銅メダルと表彰台を独占することができました。続くT12/13クラスは、堀越選手が満を持して残り2000mからのロングスパート。一気に独走態勢に持ち込み、見事2連覇となる金メダルを獲得。

選手とガイドは、これまで蓄積してきた経験やノウハウを存分に活かしたピーキングで、しっかりと結果を残してくれました。

帰国後は、ロードでの走り込みにシフトしていき、今回の結果をマラソンに反映させていきます。目指すは2年後の東京パラですが、今年は2度目の夏を今回のアジアパラで経験できたことで、貴重な夏のデータをもうひとつ積み上げることができました。

引き続き、選手への絶大なるご声援をお願い申し上げます。

厳しい残暑

【厳しい残暑】9月7日から千葉県富津市富津公園において日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿を実施しました。さて、8月までは暑さを避け、涼しい場所で合宿を重ねてきましたが、9月から来年3月までは拠点であるこの富津で強化合宿を重ねていきます。

毎年のことですが、9月は残暑が厳しく、千葉県富津市においても30度をこえる日があります。案の定、この合宿中も30度をこえる日が続き、メイン練習である30k走は厳しいコンディションとなりました。

2年後の東京パラリンピックのマラソンと同時期である今回の合宿は、本当の意味で2年後をシュミレーションした状況となりました。なぜなら、記録的猛暑となった8月は、連日35度をこえる日が続きました。

ところが、9月に入って涼しくなる日が数日続き、今回再び30度をこえました。その結果、実際の気温は30度までだったのですが、8月の猛暑以上にダメージを受けた選手が多かったからです。

夏前から苦労して身体を暑熱順化させてきたのですが、同じ場所で楽な状態(涼しい)が短期間でも入ると、身体はあっと言う間に楽な方に順化します。科学的な理論は別にしても、実際に30k走を実施した選手たちはそのような状態でした。

暑い日も連日続けば良いのですが、季節の変わり目のように気温の変動が日々大きくなる時期は、逆に暑さ対策も少し見方を変える必要があると感じました。

さて、これから季節は涼しい方向へ移っていくので、暑さ対策からは一旦離れますが、暑い中で強さを発揮するために、ここからは速さを追求していきます。

つまり、夏マラソンでゆとりを持って走り切るためには秋から冬のマラソンで速さを追求し、自己記録を更新しておくことが必須条件になります。

実はこれも重要な暑さ対策につながるのです。

猛暑対策

【猛暑対策】全国的な猛暑が続く中、涼しい長野県菅平高原において日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿を実施してきました。夏にこの菅平高原において合宿を実施するようになって、個人的な合宿も含めると20年近くになりますが、これまで経験したことのないような暑さだったのは言うまでもありません。

ロードでの距離走もできるだけ日陰の多いコースに変更して実施しましたが、熱中症になる選手も出るなど、これも菅平高原においては経験したことのないトラブルでした。

先日、2020東京五輪で実施されるマラソンのスタート時間が発表されましたが、「日が昇ってしまえば何時でも危険である」との認識をあらためて感じました。もちろん、その後に開催されるパラリンピックのマラソンも9月上旬予定なので、危険な状況に変わりありません。

と、言いながらその厳しい暑さの中で勝負することは避けて通れません。そのため、様々な暑さ対策が必須になります。今回の強化合宿においても、給水における新しい対策を試みました。詳細は割愛しますが、概ね選手たちには好評でした。

しかし、その給水を準備するためにはかなり大掛かりな装置が必要になります。また、作った給水を「その状態をキープしながら各給水地点に設置するためには、どうするのか?」と、あらため問題も見えてきます。

酷暑の中でのマラソンは「給水が命」であり、重要事項になります。ご存知のとおり、各選手が個別に準備するスペシャルドリンクと呼ばれる給水は、スタート数時間前に所定の場所に提出します。

実はその段階で常温に長時間さらされる可能性が高いので、予め給水を冷却していたり、凍らせていたとしても、30k以降に設置するスペシャルドリンクは常温の水道水と同じような状態になっているのが一般的です。

このように給水の中身についての対策は様々な角度から研究され、実際に我々の強化現場においても試せる段階になっています。しかし、その給水を保持するための容器や保管方向など、付帯する重要課題については、ルール上の問題もあるのでこれからなのが現実です。

至極当然のことですが、2020年の東京で金メダル獲得を目指す前に、選手や伴走者の命に係わる危険をどのように回避していくかの課題は「待ったなし」の状態と言えます。

暑い寒い・2

【暑い寒い・2】ブラインドマラソン協会主催の北海道合宿も終了しました。今回の合宿も昨年同様、ホクレンディスタンスの網走大会と北見大会に視覚障がい男女の5000mを組み込んで頂きました。まずは、大会関係者の皆様方に厚く御礼申し上げます。

さて、今回の北海道合宿は昨年とは真逆で、最高気温が10度前後とまるで冬のような気温が続くコンディションでした。更に、雨天も続き、暑さでなく逆に防寒が必要な状況となりました。

そんな中、5000mのレースと40k走をセットにした流れをベースに今回の合宿を実施しました。特に、合宿2日目の網走大会とその翌日に実施した40k走は気温が10度前後で雨と、逆に冬季トレーニングのようでした。

案の定、寒さによる影響もあり、こちらが考えていたような記録や内容を残すことはできませんでした。また、翌日に実施した最初の40k走では、低体温症に陥る選手も出るなど、夏とは思えない過酷なコンディションとなりました。

その後もすっきりしない天候と低温が続きましたが、合宿の後半に向かってどの選手も暑さでなく寒さに順化していきました。その結果、最終日に実施した3000mのトライアルが最も良い内容と、これまでの強化合宿とは違う調子の流れでもありました。

2020年の東京パラリンピックも、今回のように北海道で調整し、暑い東京で勝負をしていく流れはほぼ固まっています。しかし、今回のように都内との気温差が20度をこえるような天候も十分に想定できます。

今回の北海道合宿は、この時期としては過去に経験のないコンディションとなりましたが、2020年の東京パラリンピックに向け、「我々の引き出しを増やす貴重な合宿だった」と、次の強化合宿につなげていきます。

今月は、20日から長野県菅平高原、8月は再び北海道合宿と、2020年の東京パラリンピックをシュミレーションしながら残りの夏を走り込んでいきます。

暑い寒い

【暑い寒い】先日の東京都町田市において開催された関東パラ陸上競技選手権大会は、梅雨も明けた真夏日となり、暑さとの戦いとなりました。特に、暑さに最も悪影響を受ける長距離種目においては過酷を極めるコンディションとなりました。

さて、7月3日より1週間の日程で北海道北見市常呂町において、日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿を実施中です。昨年もほぼこの日程で同地において強化合宿を実施しましたが、昨年は北海道も記録的な猛暑で、この常呂町においても気温が35度をこえる記録的猛暑となりました。

果たして今年は、逆に記録的な低温となっている様子で気温が10度前後と、関東から移動してきた者にとっては冬です。また、この合宿期間中、同地において開催されるホクレンディスタンスに出場します。これは、全国の実業団選手や学生選手が集う中長距離種目の記録会です。

特に、長距離種目は夏でもある程度気温が低く涼しい場所だと記録を狙えます。そして、7月4日に開催されたホクレンディスタンス網走大会においては、小雨でほぼ無風。気温も13度前後と絶好のコンディションとなりました。

ところが、5000mに出場した男女の視覚障がい選手たちの記録は、思ったほどのびませんでした。と、言うより「残念な結果」と言う感じです。もちろん、出場した選手たちは最後まで諦めず力を出し切ってくれました。

ゴール後、選手たちの振り返りを聞いていくと、こちらが思っていた点とは違う捉え方もありました。やはり、涼しいと言っても一気に20度近く気温が下がると、身体もそう簡単に順応しないと言うことでしょうか。

今年の夏も2年後の東京パラに向けた調整方法をシュミレーションしながら北海道合宿を実施していますが、今年のように同じ国内でも気温差が20度前後もある場合…。もちろん、暑い場所から涼しい場所へ、逆に涼しい場所から暑い場所へと、どちらのケースも必ずセットになります。

長距離・マラソンの走り込みは暑い場所では難しいので、涼しい場所を求めて移動し、そこでしっかりと走り込みを実施します。しかし、狙っている大会は暑い場所です。涼しい場所で走り込み、最後は暑い場所で勝負する。至ってシンプルな話なのですが…。

夏の北海道

【夏の北海道】日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿も7月と8月は、北海道でも実施します。先週は、その北海道合宿でのトレーニング環境を視察に行ってきましたが、現地入りした日は気温が10度を下回っていたので、とても驚きました。

また、昨年の北海道合宿中は、逆に気温が38度に上昇する日もあり、その日は国内で最も暑い地点にもなりました。ここ数年、異常気象と言う言葉もすっかり定着した感もありますが、2020東京パラが不安になります。

さて、ご存知の方も多いと思いますが、夏の北海道はマラソンや駅伝を目指す実業団チームや学生チームの合宿拠点として定着しています。そのため、トレーニング環境は充実しており、選手やチームを受け入れる体制も十分に整っています。

もちろん、その整った環境は視覚障がい選手たちも十分に活用できます。実際に、2016年のリオパラリンピックでは、北海道合宿での成果がメダル獲得につながりました。

今回、事前視察を実施したのは、新しいトレーニング環境を現地スタッフの方と確認することが最大の目的でした。特にロードでの新しいトレーニングコース確保は東京パラを目指す上でも必須です。

実は、視覚障がい選手の場合、一般選手のように路面の凹凸を自分自身で判断し、回避しながら走っていくことはできません。そのため、意図的に不整地を走るクロスカントリーコースでの走り込みは、残念ながら回避させるのが一般的です。

同様に、一般道路での走り込みも、車のわだちや凹凸がひどい場合、そのコースは走らせません。そのため、一般の選手たちが良いと感じているコースと、視覚障がい選手たちが良いと思っているコースとの間にギャップが存在します。

今回の視察はそれらの問題を解消し、視覚障がい選手が安全に確実に走り込める条件の整ったコースを確認することが目的でした。あらためて、2020東京パラに向け、残された夏はあと2回です。暑さ対策等の課題もありますが、大切な点はどこでどのようなトレーニングを積みながら調子を合わせていくかです。

今年の北海道合宿は、それらの課題を解消していく上で重要な位置付けとなります。

フィットネスチェック

【フィットネスチェック】東京都北区にある国立スポーツ科学センター(JISS)において、日本ブラインドマラソン協会強化指定選手のフィットネスチェックを実施してきました。

このフィットネスチェックは昨年から実施頂いており、選手ごとの身体能力、メンタル面や栄養面などから現状を科学的に把握することで、これまでのトレーニング効果を確認したり、今後の競技パフォーマンスを予測したりするものです。

かつてはオリンピック候補選手に対するものでしたが、今ではパラリンピック候補選手に対しても対応頂けるようになりました。JISSスタッフの皆様も、視覚障がい選手に対する介助も慣れたもので、各測定時における選手に対する安全対策も完璧です。

あらためて、JISS関係者の皆様方に感謝申し上げます。

さて、選手強化活動の現場では、日々のトレーニングや各種レース時における選手ごとのパフォーマンスを把握し、その結果を振り返り、更に修正して次のステップに進むことを繰り返しています。

しかし、当日のコンディションは常に違っており、選手ごとの調子や状態も常に同じではありません。同じようなパフォーマンスを出したとしても微妙に違っています。では、何がどの程度違っているかを把握していくには、やはり科学的なデータが必要になります。

特に、今回のような身体能力面の測定については、自分自身の身体を正確な数値でとらえることができるので、今後の目標記録の設定やそれに対するトレーニング方法を立案していくのに欠かせません。

そして何より、選手自身の意識改革にもつながり、結果的には日々の日常生活も見直す貴重なきっかけになります。もちろん、我々スタッフも同じですが。

これから暑い季節になります。また、2年後の東京パラリンピックも暑さとの戦いは必至です。いわゆる暑さ対策についても、この国立科学センター(JISS)での測定結果やアドバイスを活かしていきます。

東日本実業団陸上

【東日本実業団陸上】埼玉県熊谷市において、5月19日から2日間の日程で東日本実業団陸上競技選手権大会が開催されました。今年もIPC公認種目として視覚障がい男女の1500mと5000mを実施頂きました。

既に何度かこのブログでも説明しましたが、年間を通じて日本陸連公認の各種大会は全国各地で開催されています。しかし、パラリンピックを目指す選手たちにとっては、日本陸連公認だけでは記録が認められません。この上にIPC公認の諸条件を満たし、更にIPC公認申請手続きをしておかないと、パラリンピックを目指す大会としては公認されないのです。

そのため、パラリンピックを目指す選手たちにとっては、記録を狙える身近な大会が極端に少なく、少ないチャンスを活かせる調整能力が強く求められます。特に、中長距離種目は、当日のコンディションに記録が大きく影響されるので、運にも左右されます。

果たして今年の同大会は、19日は強風が吹き荒れる悪コンディションとなりました。種目は1500mでしたが、400mのトラックを1周すると全て向い風のような悪条件です。そんな中、男女とも期待の若手選手が記録更新を狙いましたが、残念ながら強風に阻まれました。

翌日は強い風もおさまり、まずまずのコンディションになりました。種目は5000mです。

この視覚障がい5000mは、特に男子選手は強化指定選手のメンバーがほぼ揃い、記録への期待も高まりました。結果は、全体的なスピードの底上げを感じる内容でしたが、中でもT11クラス期待の若手選手である唐澤選手が、「16分18秒59」と大幅な自己記録を更新しました。

そして、今回の最も大きな収穫は、たった3選手だけの出場だった視覚障がい5000m女子の部でした。

優勝したのは、T11クラスの井内選手でした。その記録は「20分37秒54」と、日本記録を大幅に更新。もちろん、自己記録も1分以上の更新です。同じく2位と3位の選手たちも自己記録を大きく更新しました。

実業団選手たちでも自己記録を更新するには厳しいコンディションでしたが、視覚障がい選手は男女合わせて13名の選手が参戦し、6名の選手が自己記録を更新しました。これから季節は夏に向かうので、長距離種目は過酷を極めていきますが、今大会以上の走りを見せてくれると、期待できる走りでした。

菅平合宿

【菅平合宿】いわゆる大型連休の代名詞であるゴールデンウィークも終わりましたが、今年も連休期間は日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿のため、長野県菅平高原で過ごしました。

その強化合宿は4月30日から5月5日までの間で実施しました。また、具体的なトレーニング内容は、全てのトレーニングをトラックで行い、スピードトレーニングはもちろん、ペース走や変化走に関しても全てトラックで走りました。

特に、4月までマラソンを走ってきた選手たちはスピード強化と言うより、トラックで走る感覚を取り戻す方を優先した感じです。

さて、4月30日に菅平高原に到着した日の気温は20度をこえており、平地と変わらないような陽気でした。ところが、後半になってくると季節が逆戻りした感じとなり、気温が10度を下回る日もありました。

また、トレーニングを実施しているトラックの標高は千メートル以上なので、身体が順応していないと呼吸も苦しく感じます。そこに山からの冷たく強い風もあり、体感温度は5度以下に感じるような厳しいコンディションになった日もありました。

もちろん、インターバルトレーニングは平地での設定タイムよりかなり落として実施しましたが、強風や低温のため、どの選手もかなり苦しみました。特に、経験の浅い若い選手は自分自身の限界点を把握しきれていない面もあるので、厳しいコンディションの中、途中で大きく失速する場面もありました。

しかし、疲労が蓄積してくる合宿後半になるほど、逆に「適切なペースで走る」ことを「自分自身の身体との対話」から導くことができるようになってきた点は収穫でした。

トラックレースはマラソンと比較すると、圧倒的に短い距離ですが、レース中の苦しみはマラソン以上に感じる場合も多々あります。そして、トラックレースは単にスピード強化だけでなく、マラソンと違う苦しさを体験し、それを克服することでマラソンに結びつけることが可能です。

今年のゴールデンウィーク合宿も、これからのトラックレースだけでなく、その先にあるマラソンにつながっていく内容でした。

WPAワールドカップマラソン・下

【WPAワールドカップマラソン・下】今回の「WPAワールドカップマラソン」で実施された立位部門を整理しておくと、男子の部が「T12/11・T13・T45/46」、女子の部が「T12/11」になります。

この中で視覚障がいの部に当たるのが、「男女T12/11・男子T13」の3部門になります。日本チームは、視覚障がいの3部門全てにエントリーし、無事にスタートして行きました。

しかし、スタート時からグングン上昇した気温は25度前後までに達し、ロンドンマラソン大会史上最高気温を更新する過酷なコンディション下でのレースとなりました。しかし、どの選手も暑さに怯むことなく、積極的な走りを見せてくれました。

今や日本チームのエース格に成長してきた男子T12/11クラスに出場した熊谷選手は、リオ・パラリンピック金銀メダリストたちを相手に攻めの走りをしました。しかし、やはり力の差があり、中間点付近から少しずつ引き離されて行きました。

こうなると、気温が高いだけに、立て直しながら後半粘ってくるのは厳しい状況です。案の定、熊谷選手が厳しい状況に陥ってきた中、後ろから追い上げてきたのが、男子T13クラスに出場した高井選手でした。

実は、このクラスはパラリンピック種目になっておりません。しかし、高井選手は諦めたり腐ったりすることなく、日々のトレーニングを愚直に継続してきた選手です。そんな高井選手の努力が実を結び、35キロ過ぎには熊谷選手を抜き去り、視覚障がい選手の中では3位に上がり、そのままゴール。もちろん、男子T13の部では、金メダルです。

また、高井選手に抜かれ、一度は諦めかけていた熊谷選手でしたが、40キロから渾身のスパートでもう一度ペースを上げ、激しく追い上げてきた同部門の4位選手を振り切り、銅メダルを死守してのゴール。

女子T12/11の部は、前回チャンピオンの道下選手がスタートから安定したラップを刻み、粘っていたブラジル選手を30キロ過ぎに振り切ると、そのまま2連覇を達成。他の日本代表選手たちも厳しいコンディションの中、力を出し切ることができました。

今回、想定外の厳しいコンディション下でのレースとなりましたが、逆に想定外の「暑さ」を経験することができ、2020東京に向けて貴重なデータを得ることができました。

引き続き、チームジャパンとして地道に強化していきます。

ホーム > パラリンピック

Search
Feeds

ページの先頭へ