ホーム > タグ > 夏を走る

夏を走る

復活

【復活】あるベテラン選手が昨年の10月頃から膝の痛みを訴え、富津練習会や合宿に参加できなくなりました。この間、整形外科での精密検査や各種治療を施してきましたが、思うように回復しない状況が続いていました。

定期的に、本人から膝の状態を確認していましたが、劇的に回復してきた話しを聞くことはなく、半年以上の時間が経過していました。もちろん、思うように回復しない状態に最もストレスを抱えているのは選手自身です。

原因は長く走ってきた疲労の蓄積も多分にあり、年齢的にも簡単に回復するのは難しいと、誰もが感じていました。同時に、回復が遅れるほど、「このままフェードアウトしていくかも?」と周りの関係者はその不安も感じていました。

ところが、今月9日の富津練習会に突然復帰したのです。本当に久々のことです。膝が完治した話しも聞いていなかったので、本人には走れるか否かの確認をしました。「ゆっくりのペースなら」と、本人が話していたので、いつもよりゆっくり目のグループで35k走を実施しました。

そして、1週間後の富津練習会にも参加し、同じようにゆっくり目のグループで30k走を実施しました。ランニングフォームや走りのリズムは好調時と遜色なく、最後までしっかりと走り切れていました。概ね完全復活と言える状態の走りです。

もちろん、今でも膝の状態は完治した訳ではありません。では、何でここまでしっかりと走れるようになったのかを、本人に聞いたのは言うまでもありません。

痛みを感じないスピードと時間(距離)、痛みを感じない路面とコース、走った翌日の状態と休養の間隔など、故障した選手なら誰もが考え実践していることを愚直に半年以上も継続してきたとのことでした。

故障した多くの選手は、上記したことを念頭に入れながら何とか復活しようと試行錯誤します。しかし、故障した多くの選手は焦る気持ちの方が先行し、逆に上記したことを根気強く我慢しながら継続していくことが難しいのです。

その結果、同じような故障を繰り返し、負のルーティーンから抜け出すことができなくなるのです。もちろん、怪我や故障はしない方が良いのは言うまでもありません。しかし、怪我や故障を乗り越えた選手は、マラソンに不可欠な「我慢と辛抱」を身に付けることができるのも事実なのです。

移行期

【移行期】いよいよ梅雨の季節になりましたが、今度は気温が10度以上も下がり、季節が逆戻りした感じです。まさに体調管理に注意しなければいけない季節となりました。

さて、8月に開催される夏のマラソンを目標にしているランナーの皆さんは、そろそろ走り込みなどの準備をはじめる頃でしょうか。実は、日本ブラインドマラソン協会の強化指定選手の多くは、8月に開催される北海道マラソンに出場します。

なぜなら、来年開催される東京パラリンピックの選考大会にこの北海道マラソンも入っているので、東京パラリンピック代表を目指している選手たちは出場します。また、東京パラリンピックのマラソンは9月第一日曜日の実施予定なので、この北海道マラソンの日程と1週間のずれしかありません。

つまり、この北海道マラソンを目標にしたトレーニングは、そのまま東京パラリンピックの予行にもなるのです。そして、その予行ができる最後のチャンスが今年の夏です。既に、数年前から8月の北海道マラソンを目標にした強化合宿も実施してきたので、夏マラソンに向けたノウハウも蓄積してきました。

今年は、東京パラリンピックに向けた最後の夏となりますが、それらの経験やデータを駆使しながら「暑さ対策」をより確実なものにしていきたいと考えています。

そのスタートとなる強化合宿を先日の6月8日(土)から2泊3日の日程で、千葉県富津市において実施しました。今回の強化合宿は先月までのトラックレースから本格的な走り込みに入っていくための「移行期(準備期)」とし、内容もゆとりを持った感じにしました。

ところが、冒頭に記載したとおり、梅雨入りして気温も20度まで下がったので、逆にとても走り易いコンディション下での強化合宿となりました。その結果、最長でも30k走が行ければと思っていたのが、それ以上の距離を実施した選手がほとんどでした。

このあたりの判断は、暑さ対策のために毎年8月の北海道マラソンを攻略してきた経験やノウハウが選手個々に備わってきたとも言えます。そして、来年の暑い東京を走って勝負するのは個々の選手たちです。暑さ対策も最後は選手の自覚と意欲になります。

来年に向けた最後の夏を有意義に挑戦してほしいと願っております。

連戦

【連戦】トラックレースはレースの距離が短いこともあり、週末毎に連戦となる選手が多くなります。特に、トラックでの1500mや5000mなどはマラソンと違い、「今日がダメでも来週もある」と考える選手が多いのは確かであり、意外とうまく流れをつかめることもあります。

また、連戦の場合、レースとレースの間をどのように調整していくかは重要で、どの選手も試行錯誤しながらレースに挑んでいます。思うような記録が出ない場合、何とか調子を上げようと、より高強度の刺激を実施する選手は意外と多く、結果的には更に不振を極めていく姿もよく見かけます。

一方、好調な選手の場合も、いつもと同じ調整にも関わらず、好調な故にペースが速くなり、結果としては次レースをうまく走れないケースもあったりします。もちろん、調整方法に絶対成功する法則は存在しないので、常に自分自身の気持ちと身体の状態を自分自身で正確につかんでいるか否かが、調整の重要なポイントになります。

先日の6月1日(土)から2日間の日程で、日本パラ陸上競技選手権大会が大阪で開催されました。もちろん、日本ブラインドマラソン協会の強化指定選手たちも多数参戦し、2週間前の東日本実業団陸上大会で好記録をマークした選手たちも走りました。

初日の5000mは、晴れて気温が高くなった影響もあり、東日本実業団陸上大会時のような記録ラッシュとはなりませんでした。特に、記録の期待をしていた選手ほど苦戦していた様子で、この間の調整で追い込み過ぎていた影響があったかもしれません。

2日目の1500mは、前日とは逆に小雨の中でのレースとなり、コンディションとしては上々でした。と、言いながら前日のレースを見る限り、更にスピードが要求される1500mでの好記録は期待できないと思っていました。

ところが、東日本実業団陸上大会の5000mで日本新記録をマークした全盲クラスの和田選手が、弱視クラスの選手にラストスパートで競り勝ち、自身の持つ日本記録を約3年ぶりに更新しました。

既に40才を過ぎた和田選手ですが、いまだに記録更新を続けており、それも世界トップクラスのハイレベルをキープしているのは驚異的です。もちろん、その裏付けとして、トレーニングの流れや調整方法は常に工夫しており、本当の意味で自分自身を知り尽くしていると言えます。

それは、来年の東京パラに向けても視界がひらけてきたとも言えそうです。

5月は暑い?

【5月は暑い?】この1週間も全国各地で記録的な暑さとなりましたが、5月は身体が暑熱順化されていないので、この時期の各種マラソン大会も暑さとの戦いになります。

そして、一般的な陸上競技として捉えたとき、この5月はロードよりトラックに主戦場が移り、大学や実業団の各種記録会や競技会の多くがこの時期に開催されます。また、最近は市民ランナーの方々もトラックで実施される各種記録会に積極的に参加している姿も増えてきました。

さて、いわゆる陸上競技場といわれているトラックは1周が400mで、走路の素材はウレタン系や合成ゴム系になっているのが一般的です。そのため、走路は反発があって走り易く、100m毎のラップタイムを確認しながら正確に走れる点がロードレースと大きく異なる点でもあります。

一方で気温が30度をこえてくるこれからの季節は、トラックの表面温度が60度をこえることもあり、とても記録を狙えるコンディションではなくなったりもします。まさに先日の日曜日は30度をこえた地域が多く、その中で実施されたトラックでの各種競技会や記録会は過酷を極めたと思います。

特に、市民ランナーの方々は屋内で冷房の効いた場所で仕事をしている方も多く、日々のランニングも早朝や日が沈んだ夜に走る方が多いので、暑くなるこれからの季節は要注意です。

しかし、トラックは上記したように正確な距離を正確なラップで走ることが可能なので、スピード強化など各種トレーニングには最適な環境です。ところが、気温が高くなってくるこれからの季節、長距離種目のトラックレースは逆に危険が伴う点も忘れないようにすることが大切です。

トラックの記録会で5000mを走る場合も、「マラソンと比較するとたいした距離ではない」と思ってスタートすると、3000m以降はマラソンでも経験したことのないほどの苦しみを味わうことになり、完走することすら難しくなったりもします。

これからトラックでの記録会や競技会に出場を予定している市民ランナーの皆様は、当日の天候や気温・湿度、更にスタート時間を必ず確認し、ときには勇気ある撤退(DNS)も決断するようにしましょう。

夏のマラソン

【夏のマラソン】今年は何かと話題の多かった北海道マラソンは、8月26日に終わりました。男子優勝は岡本選手、女子優勝は初マラソンの鈴木選手でした。両選手とも暑さを克服した見事な走りでした。おめでとうございます!

また、今回から視覚障がいの部を設置いただき、正式に表彰の対象種目にもなりました。(昨年までは、IPC公認レースとして出場していた。)

その視覚障がい男女の結果は、男子が堀越選手、女子は道下選手が初代チャンピオンに輝きました。記録も堀越選手が、2時間31分22秒の大会最高記録、道下選手も3時間8分43秒の大会最高記録と、この大会に向けたトレーニングの成果を発揮してくれました。

さて、この北海道マラソンをはじめ、他の夏マラソンで優勝した記録のラップを解析すると、その多くは後半ビルドアップのネガティブスプリットか正確なイーブンペースの2つにほぼ当てはまります。

つまり、気温や湿度の高い中でのマラソンは、前半はできるだけ体力を温存しながら体温の上昇を抑え、勝負どころとなる30k以降から勝負を仕掛ける走法です。

同様に、イーブンペースも前半を中心にライバルたちの揺さぶりや動きに反応せず、自身の一定ペースで体力を温存しながら体温の上昇も抑え、後半に備える走法になります。

ところが、このネガティブスプリットは違うレースで同じことを再現することが難しく、自身の戦術として確立させている選手は少ないと感じます。と、言いながら冬のマラソン同様、ある程度のペースで刻みながら後半の落ち込みを最小限に食い止める走りは、温度と湿度の高い夏マラソンで実行するのも難しい。(力尽きるとオーバーヒートして一気に失速してしまう。)

今後、まずは今回の北海道マラソンでしっかりと結果を残せた選手の各データやレース内容を解析し、夏マラソンで成功できる調整方法の確立に活かしていきます。

まだまだ、厳しい残暑は続いていますが、今年の夏も終わりです。今年の夏は2年後の東京パラに向けたシュミレーションと貴重なデータを残すことができました。あらためて専門家の意見も取り入れながら更に走り込んでいきます。

最終調整

【最終調整】北海道マラソンに向けた、最後の強化合宿を千葉県富津市において実施しました。今回の合宿も2年後の東京パラをシュミレーションした内容です。

暑い場所でマラソンを走る場合、ある程度の期間は涼しい場所で走り込みを実施します。これはどんな選手でも実施しています。

ところが、実際に走るのは暑い中なので、どこかのタイミングで必ず暑い環境に移動することになります。では、「涼しい場所から移動するタイミングは?」、「その結果、体調や調子はどうなるのか?」。

実は、それに対する明確な方法や答えはありません。過去の夏マラソンで成功した先輩方の残した実績を参考にしたり、個々の暑さに対する耐性を調べたりと、残念ながら夏マラソンを攻略するための明確な方法は確立されていないのが現状です。

もちろん、今回の富津合宿は2年後の東京パラに向け、試験的な要素も含んでいますが、闇雲に実施している訳ではありません。我々としても夏のパラリンピックを戦ってきた実績と、それに伴うノウハウは蓄積してします。

そして、それらも加味して今週末の北海道マラソンを目指してきました。

あとは最終調整です。最終調整の基本は「休養」です。この点は、年間を通じて同じです。

北海道マラソンを走る選手たちにとっては、いろいろな意味で不安要素もありますが、しっかり休養して挑んでほしいと思います。

再び菅平合宿

【再び菅平合宿】先週の土曜日から2泊3日の日程で長野県菅平高原においてクラブチームの合宿を実施しました。北海道で実施していた日本ブラインドマラソン協会の強化合宿もちょうど土曜日までだったので、そのまま長野県に移動しました。

菅平合宿の目的は、合宿2日目の午前中に実施した距離走(最長40k)です。特に、今年は記録的猛暑が続き、今でも30度をこえる日々が続いています。そのため、東京近郊においては、昼間に長い距離を走ることが危険な状態です。

と、言いながら「暑いので走るのを回避しました」では、秋のマラソンシーズンに向けた走り込みにはなりません。ここがマラソンの残酷なところで、どんな理由であろうと、走っていないことに変わりなく、秋のマラソンでの記録達成はかなり難しくなります。

しかし、猛暑の中での走り込みは、身体を酷使するだけになってしまう危険性も伴います。また、そのサジ加減は何年積み重ねても難しく、正解がありません。経験上から言えるのは、8月中に1回でも30k以上の距離走をゆっくりでも実施できれば、9月以降の走りに違いが出ます。

今回の菅平合宿に参加された方々の多くは、8月合宿の重要性を理解されているので、合宿2日目の距離走は全員がそれぞれの設定ペースで最後まで頑張っていました。また、合宿中は仲間たちとも親交を深めることができ、暑さに負けそうになっていたモチベーションを高めることもできます。

そして、9月にもう一度、この長野県菅平高原において合宿を実施しいます。約1ヵ月後ですが、今回の合宿を経験した方は、次回合宿では調子が上向いていきます。これも経験上間違いありません。

残暑はまだ続きますが、これも間違いなく、秋は必ず到来します。

引き続き、暑さに対する体調管理はもちろんですが、気持ちで負けないようにしましょう。

北海道合宿

【北海道合宿】今週は北海道北見市常呂町において、日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿中です。先月、同地において強化合宿を実施した際は、最高気温が10度前後と逆に記録的低温の中でしたが、今回は北海道らしいさわやかなコンディションとなっています。

今回の強化合宿は、今月26日に開催される北海道マラソンに向けた強化としており、先日の5日は32k走を実施しました。どの選手も予定どおりの走りをし、懸念されていた猛暑による調整の遅れは心配なさそうです。

また、この合宿も含め、この夏の強化合宿は2年後の東京パラをある程度シュミレーションしています。更に、選手ごとに心身の状態をチェックする専門家のサポートも受けながらの強化合宿になります。

特に、栄養や心理面は日々の生活にも直結していますが、あたり前過ぎて意外と見落とす点です。それらのサポートは日々のトレーニング同様、同じようなことを反復して受けながら自身の中に定着させていく点が難しくもあり、ポイントにもなります。

日本ブラインドマラソン協会としてはリオパラ前から各サポートを受けてきましたが、時間の経過と共に選手たちの意識や行動にも浸透してきました。あらためてトレーニング同様、時間と根気のいるサポートですが、引き続き継続していきます。

さて、この合宿のポイント練習はあと2回です。比較的ゆとりを持ったトレーニング計画にしているので、逆に選手自身がコンディションを考えて調整する機会にもなります。

同様に、合宿中はどうしても距離を多く走ろうとする傾向になりますが、今回の合宿は少ないポイント練習での質を重視しているので、2年後に向けた貴重なデータも残せます。

伴走者も含め、最後まで日々の体調管理を重視していきます。

続・菅平合宿

【続・菅平合宿】先日の7月28日から2泊3日の日程で、再び長野県菅平高原において合宿を実施しました。各地に大きな被害をもたらした台風も懸念されましたが、特に大きな問題もなく終えることができました。

さて、菅平高原でのトレーニングは各種ロードコースやクロスカントリーコース、トラックでのランニングも可能です。したがって、短期合宿でも目的に応じて様々なトレーニングを選択することができます。

そんな中、クロスカントリーコースとして合宿のたびに利用している「峰の原高原クロスカントリーコース」に新しいランニングコースが設置されました。そのランニングコースは、これまであった1周2キロのクロスカントリーコースに併設した全天候型コースの新設です。

具体的には、1周2キロの全天候型クロスカントリーコースの誕生です。

実は、クロスカントリーコースでのランニングは様々な効果がある反面、足首や脚などに故障や怪我を抱えているランナーにとって、路面の悪いクロスカントリーコースは逆に不安になります。ところが、新設された全天候型コースだと、起伏を残しながら路面の悪さを解消できたので、脚に多少の不安があるランナーでも安心して走れるようになります。

実際に、今回の合宿から本格的にトレーニングを再開したランナーもいましたが、特に問題なく快適に走れていました。また、視覚障がい選手にとっても、起伏があっても路面上の凹凸が解消されているので、安心して走ることができるようになります。

この後、8月と9月に1回ずつこの菅平高原において合宿を実施する予定です。今後はこの新設された全天候型クロスカントリーコースをもっと積極的に活用していきたいと思います。

特に今年は、記録的猛暑が続いています。そのため、これまで休日を活用して何とか走り込めていた方も、この暑さでは難しい状況だと思います。思い切って週末を活用した短期合宿を、菅平高原のような涼しい場所で実施するのもおすすめです。

猛暑対策

【猛暑対策】全国的な猛暑が続く中、涼しい長野県菅平高原において日本ブラインドマラソン協会主催の強化合宿を実施してきました。夏にこの菅平高原において合宿を実施するようになって、個人的な合宿も含めると20年近くになりますが、これまで経験したことのないような暑さだったのは言うまでもありません。

ロードでの距離走もできるだけ日陰の多いコースに変更して実施しましたが、熱中症になる選手も出るなど、これも菅平高原においては経験したことのないトラブルでした。

先日、2020東京五輪で実施されるマラソンのスタート時間が発表されましたが、「日が昇ってしまえば何時でも危険である」との認識をあらためて感じました。もちろん、その後に開催されるパラリンピックのマラソンも9月上旬予定なので、危険な状況に変わりありません。

と、言いながらその厳しい暑さの中で勝負することは避けて通れません。そのため、様々な暑さ対策が必須になります。今回の強化合宿においても、給水における新しい対策を試みました。詳細は割愛しますが、概ね選手たちには好評でした。

しかし、その給水を準備するためにはかなり大掛かりな装置が必要になります。また、作った給水を「その状態をキープしながら各給水地点に設置するためには、どうするのか?」と、あらため問題も見えてきます。

酷暑の中でのマラソンは「給水が命」であり、重要事項になります。ご存知のとおり、各選手が個別に準備するスペシャルドリンクと呼ばれる給水は、スタート数時間前に所定の場所に提出します。

実はその段階で常温に長時間さらされる可能性が高いので、予め給水を冷却していたり、凍らせていたとしても、30k以降に設置するスペシャルドリンクは常温の水道水と同じような状態になっているのが一般的です。

このように給水の中身についての対策は様々な角度から研究され、実際に我々の強化現場においても試せる段階になっています。しかし、その給水を保持するための容器や保管方向など、付帯する重要課題については、ルール上の問題もあるのでこれからなのが現実です。

至極当然のことですが、2020年の東京で金メダル獲得を目指す前に、選手や伴走者の命に係わる危険をどのように回避していくかの課題は「待ったなし」の状態と言えます。

Home > Tags > 夏を走る

Search
Feeds

ページの先頭へ