ホーム > タグ > 夏を走る

夏を走る

6月を走る・3

【6月を走る・3】関東地方もようやく梅雨入りしました。しばらくは雨量が多くなるのでしょうか。そして、梅雨が明けると、いよいよ夏です。同時に、秋以降のマラソンや各種ロードレースに向けた走り込みをはじめていく時期にも入っていきます。

毎年のことですが、頭と体でわかっていても「暑さ対策」は、簡単にはいきません。暑さに強いと思っている人でも、実際に気温が30度の中で走るのは簡単ではありません。これも頭と体でわかっていても「何で走れないんだ?」と、そのときは考え込んでしまうケースが多いのです。

また、これから気温や湿度がどんどん高くなっていくので、ランニングに最も適さない季節と言えます。しかし、何もしないわけにはいきません。逆に前述したように、秋以降のマラソンシーズンに向け、多くのランナーがスタミナを養成していくとても重要な時期と位置付けています。

あらためて、矛盾した季節に入っていくとも言えます。大切なポイントは自分自身の調子や体調に合わせた「夏の走り込み」を実施していくことでしょうか。至極当然のことですが、やはりこれに尽きると思います。

さて、毎年同じように夏の走り込みを実施し、それが本当に秋以降のマラソンにつながっている人はどれほどなのでしょうか。かくいう私も夏の走り込みを信じて、練習会や合宿などを毎年実施しています。

しかし、それらの効果について正確に把握したことはないかもしれません。なぜなら、個々に振返っても、うまくいった夏と失敗した夏があるからです。したがって、夏の走り込みが効果的だったか否かは、個々の中においても毎年変動があるわけです。

とてもまとまらない話になりましたが、夏の走り込みに向け、この梅雨の時期は暑さや湿度に対して体を少しでも慣らしていくことがポイントのひとつです。前述したとおり、まずは今現在の調子や体調を把握し、それに見合った「夏の走り込み」を計画し、それを実践していくことでしょうか。まさに、至極当然のことですね。

6月を走る・2

【6月を走る・2】長野県上田市菅平高原において強化合宿を実施してきましたが、あと1回、同地において強化合宿を実施します。また、今回の強化合宿は天候にも恵まれ、主力メンバーを中心に計画どおりのトレーニングを消化することができました。

今回も起伏の激しいロードコースを使っての距離走がメインでしたが、それぞれがゆとりを持ちながら、走り込むことができました。また、今合宿の実施内容は、毎年同じ時期に同地で実施してきた強化合宿とほぼ同じ流れです。

このように、毎年同じような時期に同じような内容の強化合宿を繰り返していくことで、目標の記録や成績を達成する確率を高めていきます。もちろんその都度、個々の体調や調子などを加味しながら微調整しますが、トレーニング内容を極端に変えることは、ほぼしません。

これは、多くの実業団チームなども同じでしょうか。「8月の〇〇合宿で実施した40k走を〇時間〇分で走れたので、12月のマラソンで2時間〇分が狙える」と、言った感じで目安になっていきます。このように過去の実績と比較しながら、次の大会で狙えそうな目標タイムなどを導いていくのです。

逆に、過去の先輩たちが残した同地合宿でのトレーニング実績を紐解き、そのタイムや距離に挑戦することもあります。特に、この1年間はコロナ禍の影響で多くの大会も中止になったので、合宿の中で過去の記録と対比しながら走り込んでいくのは効果的だったと思います。

来週末から東京パラに向け、最後の菅平合宿になります。昨年との比較はもちろん、ここまで走り込んできた疲労や調子などを選手ごとに加味していくので、みるポイントが複雑になっていきます。まずは、ケガや故障を防止し、着実に走り込んでいきます。

6月を走る

【6月を走る】今週末から再び強化合宿を実施します。場所は先日と同じ、長野県上田市菅平高原ですが、9月5日のマラソンに向け、本格的な走り込みに入っていきます。そして、今回も多くの実業団チームや選手たちの姿を拝見することができるかもしれません。もちろん、なかには5月からずっと滞在しているチームや選手もいることでしょう。

さて、様々な方から「合宿はどの程度の日数と頻度が良いのでしょうか?」と聞かれることがありますが、「まったく良い質問だ」と逆に自分自身でも考えてしまいます。しかし、結論からいうと、「正解はない」というのが答えでしょうか。

実業団チームや選手のように時間と予算があるなら、合宿の日数や頻度に制約をつけることなく、思いどおりに合宿を実施することが可能かもしれません。しかし、合宿期間が長期になるほど、逆に様々なストレスを感じるようになってくる選手も多くなります。

主な理由のひとつとして、長期になればなるほど、トレーニング以外の時間を持て余すようになるからです。なぜなら、じっくりと走り込めるような場所は、街の中心地から離れているケースが多いので、息抜きできる場所が極端に少ないのです。もちろん、「走ることに集中する」ためにその場所を選択したのですが、そのとおりにならないケースは意外と多いのです。

更に合宿参加メンバーも、日々のトレーニングと変わらないので、既にマンネリ化しており、場所を変えても結局は、「思ったほど成果も上がらない」。なんとも皮肉な結果になっている実業団チームも意外と多いのかもしれません。

そのため、逆に数日から1週間程度の合宿期間の方が集中力を保ち、密度の濃いトレーニングを積めるケースは多いのです。特に、日々のトレーニングがほぼ単独選手同士の場合は、他の選手と競い合えるので、合宿期間が短くてもその頻度を上げることで効果的になると感じます。その成功事例のひとつが、ブラインドの選手たちでしょうか。

もちろん、私が偉そうに言える立場ではありませんが、市民ランナーの皆様が夏の季節に1泊から2泊程度のミニ合宿を数回実施するパターンは多いと思います。ところが、短期間な上に頻度が少なくても秋からの走り込みにつながり、マラソンの記録が大きく飛躍するケースは本当によく見受けます。つまり、「ミニ合宿も効果的」ということです。

まさに、「されど合宿」とでも言いますか……。奥が深いです……。

5月を走る・4

【5月を走る・4】5月22日(土)から1週間の日程で強化合宿を実施しました。場所は長野県上田市菅平高原です。毎年、この時期は同地において実施しております。また、この時期は多くの実業団選手やチームも、この菅平高原で見かけます。そのため、東京五輪代表内定選手をはじめ、トップ選手やトップチームのトレーニングを目の前で拝見できるので、とても参考になります。

さて、今回の強化合宿から東京パラに向けた本格的な走り込みに入りました。詳細は割愛しますが、起伏の激しいロードでの距離走をメインに、7日間で1日平均50k以上走り込んだ選手もいました。もちろん、他の選手たちもしっかりと走り込むことができました。

また、マラソンに向けた走り込みについては、「量(距離)か?」、「質(スピード)か?」の議論が必ず付いてきますが、どちらか一方に偏ってしまうのは良くない点は、どんな選手でも理解しています。しかし、そのバランスや強度を見極めるのは、運動生理学的な視点を持ってしても適切な判断は難しいと感じます。

特に、目標にしているマラソンが夏(暑い中)の場合はなおさらです。主な理由は気温と湿度が高いからなのは言うまでもありませんが、レース中のストレスやそれに向けた準備(トレーニングなど)のストレスも、冬のマラソンよりも格段に増すからです。

具体例のひとつとして、夏のマラソンは最初から飛ばしていく選手は、ほぼ間違いなく途中でつぶれます。そのため、レースの流れは大集団から少しずつ振り落とされていく「サバイバルレース」になり易く、駆け引きのストレスが増すので、肉体的にも精神的にも激しく消耗します。

また、給水の失敗が後半の大失速に直結するので、レース中の取り損ないは絶対に許されません。同時に、スペシャルドリンクの意味合いが、冬のマラソンとは全く違ってくるので、その中身や量などを個々に研究し、当日に合わせて準備するのも相当なストレスになります。

それら以外にも夏のマラソンは、レース中に多くのストレスが選手を苦しめます。そのため、薄い紙をシャープにカットするカミソリのような切れ味よりも、太い枝を何度もたたいて切り落とし、刃こぼれしないナタのような切れ味が求められます。

さらに、夏のマラソンは多くのストレスに耐え得る強靭な精神力も要求されることにもなります。そして、肉体面と精神面のスタミナを同時に強化するには、やはり「量(距離)」が必須となります。6月も菅平高原において強化合宿を実施します。夏のマラソンに耐え得る強靭な肉体と精神を目標に、徹底的に鍛えます。

夏の走り込み・4

【夏の走り込み・4】厳しい残暑が続いております。そんな中、千葉県富津市で強化合宿を実施しました。あえて暑い中で実施する目的は、来年開催される東京パラリンピックに対応するためです。

1年後の今は、まさに東京パラリンピックの真只中となっており、来年も連日30度をこえる厳しい残暑の中での戦いになっている可能性は高いでしょう。同時に、その厳しいコンディション下で最高の調子に仕上げていくことが求められます。

今年の夏はそこを見据えた上で、夏の強化合宿期間を延長して対応してきました。また、我々が北海道で強化合宿を実施していた期間は、例年にないほど北海道らしい快適な気候が続きました。その結果、強化合宿中のトレーニングは、量的にも質的にも充実した内容で終えることができました。

さて、目標とする大会に向け、大まかな期分けをすると、「トレーニング期→調整期→目標の大会」の3つにくくれます(強引な見方ですが)。これが、秋から冬にかけてのマラソンを目標にした場合、トレーニング期から目標の大会までは、ほぼ寒いコンディション下で実施していけます。つまり、「寒い(トレーニング期)→寒い(調整期)→寒い(目標の大会)」となります。

ところが、夏の大会を目標にした場合、トレーニング期から目標の大会まで暑いコンディション下で実施することになり、肉体的にも精神的にもかなり厳しい状況となります。つまり、「暑い(トレーニング期)→暑い(調整期)→暑い(目標の大会)」となります。しかし、目標の大会の日程や気候を変えることはできませんが、トレーニング期と調整期は寒い場所に移動して実施することが可能です。

すなわち、「寒い(トレーニング期)→寒い(調整期)→暑い(目標の大会)」、「寒い(トレーニング期)→暑い(調整期)→暑い(目標の大会)」と、「暑い(トレーニング期)→寒い(調整期)→暑い(目標の大会)」の3つのパターンになるでしょうか。しかし、最終的に目標の大会が「暑い」になるので、必ずどこかのタイミングで身体を暑さに順化させる期間も必須になります。

今回、我々は「寒い(トレーニング期)→暑い(調整期)→暑い(目標の大会)」のパターンを実践してきました。9月6日にトライアルを実施し、最終的な検証をしますが、まずは来年の東京パラリンピックに向け、実戦的なノウハウを蓄積したいと思います。

夏の走り込み・3

【夏の走り込み・3】本日から千葉県富津市において強化合宿を実施します。先日まで比較的涼しかった北海道北見市で走り込んできましたが、わざわざ暑い場所に移動してのトレーニングです。

今合宿の最大の目的も「暑さ対策」なので、30度をこえる厳しい残暑は願ったりかなったりです。もちろん、その中でトレーニングを実施する選手や伴走者にとっては、厳しさ以外は何もありませんが、来年の東京パラリンピックもちょうどこの時期なので暑さを避ける訳にはいきません。

6月後半から本格的な強化合宿を再開しましたが、概ね計画どおりに走り込みを重ねてくることができました。そして、本日から暑い場所でのトレーニング(調整)を実施し、9月上旬の大会やトライアルにつなげていきます。

さて、これまでいくつかの暑熱対策も実施してきましたが、根本的に暑さが苦手な選手もいます。しかし、暑さが苦手な選手を暑い中で開催される東京パラリンピックの日本代表選手に選考する訳にもいきません。厳しい言い方ですが、この点は情に流されるところではありません。

ところが、毎年夏合宿を継続し、その中で暑熱対策も継続していると、暑さが苦手だった選手も確実に、夏の暑さに順化していっていることがわかります。もちろん、専門家による科学的なサポートを受けている点が大きいのですが、それだけでなく人の秘めた可能性を感じます。

具体例として、パラリンピックを目指しているブラインドマラソンの選手たちは男女を問わず、高齢化が進んでいます。そんな視点からも暑さを苦手としてる選手は比較的多いと感じます。ところが、覚悟を決めて暑熱対策を継続した結果、選手が個々に暑さに耐え得るノウハウを身に付けてきました。

今日からの強化合宿においては、実戦に近いトレーニングがメインになる予定です。どの選手も暑さの中における自分自身の限界点を見極め、重要課題のひとつである「夏の調整」に活かしてほしいと思います。

夏の走り込み・2

【夏の走り込み・2】北海道北見市において実施してきた強化合宿は無事に終了しました。あらためて、ご支援ご協力いただいた北見市の皆様に厚く御礼申し上げます。さて、6月30日から本格的な強化合宿を再開しました。最初は長野県上田市菅平高原からスタート。そして、北海道北見市に場所を移しての走り込み。6月30日から8月14日までの間、実に31日の強化合宿を実施しました。

もちろん、コロナ感染防止策などの徹底を実施しながらの強化合宿でした。同様に、選手の参加についてはそれぞれの諸事情を最優先しましたが、主力選手たちはほぼフル参加し、概ねしっかりと走り込むことができました。

具体的な実施内容については割愛しますが、31日間の強化合宿において、32k以上の距離走を9回、150分LSD(集団走)を6回、1kから5kまでのタイムトライアルを8回実施しましたが、メインは距離走です。しかし、ここで常に問題になるのが距離走の設定タイムです。言い方をかえると強度(負荷)になります。どの程度の設定タイムが夏の走り込みに適した強度になるかは、まさにそれぞれのノウハウが色濃く反映されます。

至極当然のことながら運動生理学に則った科学的な考え方がベースになります。しかし、日々の天候や気温と湿度、コースの起伏や選手の疲労度など、選手を取り巻く条件は日々どんどん変化するので、理論どおりに進まないのも常です。そして、最も注意する事項としては、初回から速い設定タイムで実施し、その疲労が回復できなくなり、その後のトレーニング計画に支障をきたすことです。かと言って、ゆとりを持ちすぎても単にだらだらと走っているだけになるので、この設定タイム(強度・負荷)は最重要ポイントになるのです。

今回の強化合宿期間中に実施した距離走の設定タイムについては、選手毎のマラソン自己記録に対し、85%前後の設定タイム(強度・負荷)になるように調整しました。また、その間に実施した8回のタイムトライアルでは、どの選手も最低1回以上は自己記録を更新し、ほとんどのタイムトライアルにおいて自己記録に近いタイムを叩き出していました。もちろん、40k走を実施した翌日においてもです。

このようにメインとなる距離走の設定タイム(強度・負荷)が噛み合うと、合間に実施するタイムトライアルやインターバルトレーニングにおいてもある程度のスピードをキープすることができます。そんな視点からも、今回の強化合宿期間中の量と質のバランスも概ね適切だったと振り返ることができます。しかし、次回以降の強化合宿においては、選手の状態や自然条件も変化するので、再び難解なパズルを組み合わせていく作業になります。もちろん、ここがマラソントレーニングの醍醐味でもあるのですが、やはり難儀です。

夏の走り込み

【夏の走り込み】北海道北見市における強化合宿も折り返しにきました。どの選手も順調に走り込めております。また、トレーニングコースもいくつか新しい場所で実施しましたが、特に問題なく順調です。

まずは、今回もご理解ご支援いただいた北海道北見市の皆様に心より御礼申し上げます。

さて、夏の走り込みは毎年のことながら「どの程度の質(スピード)」を保ち、「どの程度の量(距離)」を踏んでいくかが問題になります。そして、毎年のことながら正解もありません。

質を重視した結果、秋以降のマラソンや各種レースにおいて好記録や好成績を残した先人たちがいます。一方、質を無視して量を重視した結果、好記録や好成績を残してきた先人たちもいます。もちろん、どちらの方法にもしっかりとした科学的な理論が存在しております。

また、過去の結果を振り返り、「今年は質に軸足を移して走り込む」と考えて実践するランナーもいます。当然、逆のケースもあることでしょう。ところが、数回程度の経験や実績では、自分自身の身体能力に見合った最適な走り込み方法を見つけることはかなり難しいことも事実です。

このように毎年様々なことを試したり、導入した結果、単に振り回されるだけで、負の連鎖に陥って走れなくなってしまうランナーも実は多いのです。そして、皮肉なことに自らの身体を何年も実験台にした結果、様々なことが経験的にも理論的にもつかめてくるのです。

しかし、その時は既に自らの身体も気力もピークを過ぎていることが多く、自らの記録更新に結びつかなかった事例は本当に多いと感じます。かくいう私もそれに近かったと記憶しております。

隣の人より少しだけ角度が違うことを取り入れた場合、最初の数メートルは隣の人にも手が届きます。しかし、どんどん進んでいくと、隣の人との距離は離れていき、やがてその人も見えなくなります。夏の走り込みもそれに似ているような気がします。

ほんの少し角度を変えただけでも秋以降のマラソンや各種レースの結果に与える影響はそれなりの大きさになります。実は、この角度を変えるサジ加減は何年経験しても難しく、名コーチや名選手と呼ばれている方々は、この角度を的確につかみながらその夏を走り込んでいます。

今年の梅雨明けは記録的に遅かったので、今年は更に難解な夏を迎えることになるでしょう。

大会新記録

【大会新記録】少しずつ陸上競技会も再開されてきましたが、先日の7月23日からの4連休は、4月から延期された「第83回東京陸上競技選手権大会」も開催されました。また、多くの種目で国内トップクラスの選手たちも参戦していました。

特に、一般男子のトラック競技は、長距離とリレー種目を除く全種目で大会記録が更新されていました(男子200mはタイ記録)。私自身、この大会を毎年観戦していないので確かなことは言えませんが、一般男子のトラック競技は大会史上最もレベルの高い年になったのではないでしょうか。

また、一般女子のトラック競技も大会記録を更新している種目もあり、大会全体としても見ごたえのある競技会でした。そんな中、女子の10000mと5000mに好調の山口選手も出場しましたが、女子10000mは、なんと彼女ひとりの出場でした。

「400mのトラック25周をたったひとりで走るのか?」と、選手以上にコーチの私が不安を感じていましたが、女子の10000mは男子選手と同時スタートに。しかし、男子選手との力差は歴然なので、1周の400mごとに10秒前後の差がついていくことは予想できます。つまり、単独走とほぼ同じになる可能性は濃厚です。

男女10000mのスタートは24日の17時00分。天候は曇りでしたが、気温は30度をこえており、湿度も70%前後と、10000mを走るには蒸し暑く厳しいコンディションです。また、男子選手と同時スタートなので、つられて最初の2000mまでを速く通過すると、蒸し暑さの影響で5000m以降は大失速する確率が高くなります。

さて、スタート時の目標タイムとして、1000mあたり3分15秒ペースを堅持し、「32分30秒」としました。レース展開としては男子選手たちが、4000m過ぎあたりから追いついてくる(周回差)ので、少しずつ抵抗しながら後半の失速をくい止めるイメージです。

スタートから単独走の山口選手は5000mを「16分13秒」と予定どおりの通過。ところが、蒸し暑さの中、体力の消耗は予想以上な感じで、ペースを維持するのがやっとの状況です。更に、後半の目標になりそうな脱落してきた男子選手たちはリタイヤし、結局は後半の多くも単独走が続きました。

しかし、その後半はマラソンランナーらしい粘りを発揮し、9000mの通過は「29分19秒」。残り1000mも更に粘り抜き、「32分28秒90」でゴール。この記録は一般男女の長距離種目で唯一の大会新記録でもありました。

合宿の意味・4

【合宿の意味・4】北海道北見市における強化合宿は無事に終了しました。特に、後半の1週間は走り込みに切り替え、40k走を3回実施しました。ペースを落としているとは言え、それなりにハードな内容でしたが、脱落する選手はいませんでした。

また、最終日は「3000mタイムトライアル」を実施しましたが、驚くことに合宿2日目よりもタイムが良くなっている選手がほとんどで、自己記録を更新する選手もいました。その最終日はコンディションが良かったこともありましたが、積極的に記録へ挑戦する気持ちがそのまま走りにも伝播していました。

また、今合宿もコロナ対策のひとつとして、伴走者を必要とする選手に対する「伴走者は1人」とし、合宿期間中における「伴走者の途中交代はなし」との参加条件を提示。もちろん厳しい参加条件な点は十分に承知していますが、今合宿には2人の選手が伴走者を1人伴って参加しました。

帯同してくれた2人の伴走者は全てのトレーニングを選手と一緒に走り切りました。伴走者としては至極当然のことですが、実は1人の選手に対し、伴走者の複数帯同を認めだしてから伴走者のアクシデントも増加しています。

選手の走力が上がってきているので、単独伴走は厳しくなっているのは事実です。しかし、最初から「選手の半分を走れば良い」と考え、合宿に帯同してくる伴走者が本当に合宿前半でつぶれてしまうトラブルはおきています。しかもなぜか2人同時につぶれてしまうことも意外と多かったりします。

今合宿に帯同してくれた2人の伴走者は、選手の横で3回のタイムトライアルや3回の40k走などをたんたんと走り切っていました。また、一緒に走った選手は2人とも最終日の3000mタイムトライアルにおいて、合宿2日目の記録を上回っていました。

私自身が、合宿中に伴走者の走力や調子を気にせず、選手だけに集中できた合宿は久しぶりだったかもしれません。伴走者が本当に黒子のような存在になると、選手の走りはどんどん良くなります。また、その走りが単独走の選手たちにも伝播し、合宿全体が引き締まっていきます。

8月も北海道北見市において強化合宿を実施します。内容は距離走を平地から起伏走に切り替えたり、滑走路の長い直線を使ったインターバル走を取り入れたりする分、もう少しハードになります。今合宿同様、帯同してくれる伴走者の走力がしっかりしていれば次回合宿も全く問題なく乗り切れるでしょう。

最後になりましたが、我々の強化合宿を心よく受け入れていただいた、北見市の皆様に心より御礼申し上げます。

Home > Tags > 夏を走る

Search
Feeds

ページの先頭へ